どうも柏山です。

本日は、動画を使った「稼ぐ」系の商材がインフォトップに公開されていたので
レビューしたいと思います。

Youtubeを使った商材は過去にもいくつか販売されていましたが、
このYoutubeオタクマーケティングとはどんなものでしょうか?

じっくり検証していこうと思います。

 

どうやって稼ぐか

Youtubeオタクマーケティングと言うだけあって、
そのターゲットは「オタク」を対象としたものになっています。

日本はオタク文化ですから、その可能性に目をつけたんですね。

 

稼ぎ方は、3ステップあって、
1つ目は、動画にアドセンスという広告を貼って稼ぐ方法。

2つ目は、動画の説明欄にURLを貼ってブログに飛ばしてモノを買ってもらう方法

3つ目は、世界に向けてゲーム実況をして稼ぐというもの。

 

私個人から言わせれば、どれもこれまでの手法で真新しいものはありませんし、
そうあなたも感じたかもしれません。
さて私がこの商材を見ていて一番感じたこと、それは
「合法性を謳っておきながら、結構グレーなやり方がある」ということですね。

 

例えばテンプレートを用意してあるので、簡単に動画が作成できると主張していますが、そのテンプレートに当て込む画像は確実にネットで拾ってきているものです。

 

「加工すればOK」という考えがあるようですね。

確かに加工すれば、著作権違反やYoutube側に目を付けられる可能性は
格段に低くなりますが、一方で今後Youtubeの規則が厳しくなれば、
その動画コンテンツはテンプレートもろとも水の泡になります。

 

サポート体制がひどすぎる

まずこの教材は29800円もします。一般的な感覚をお持ちなら高いと
感じるはずです。

なので3ヶ月はサポートがついているようですが、
なんとスカイプコンサルティングはたったの1回なんですね。

しかもたったの30分。もちろん無料と言っていますが、
無料で無い方がおかしいかと思います。

そしてメールサポートは週にたったの1回しか受け付けてくれません。
しかも返信までに72時間かかるとのこと。

3ヶ月しかサポート期間が無いのにこの回数はひどすぎますね。

実質メールサポートは、12回までということになります。

 

たぶん普通の初心者なら教材消化で挫折する可能性が多いにあります。

 

そもそも販売者自身が動画が稼いでいるのなら比較的時間があるのではないでしょうか。

それにも関わらず購入してくれた消費者へのサポートは微妙というのは、
本当に稼げているのか少し疑問が残ります。

サポート体制の甘さ=教材の自信の無さ

だと私は考えていますので、あまり信用なりませんね。

 

セールスレターが安っぽい

これはもう感想レベルなのですが(笑)

販売者自身成功を収めているのなら、自分の通帳、車などみせることが可能ですよね。

しかしながら使われている画像はネットで拾ってきたような
夜景や車の画像にキラキラの装飾をしただけというなんとも簡易なもの。

あまり信用なりませんし買いたいとも思いませんね。

もし私が販売者なら、そのような安っぽい画像でお客様を惹きつけようとは思いません。

確かにセールスレターでは、イメージさせることが大事ですが、
安易な画像で消費者を引き込む方法ははっきり言って嫌いです。

 

以上のことから私はオススメしませんが、また何か新しく情報が入れば
随時更新していこうかと思います。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。