どうも柏山です。

今回はインフォトップのランキングにランクインしていた、
Youtube Maniax2017よいう教材についてレビュー、批評していきます。

最近Youtube系の教材が多いですね。

インフォプレナーも、時代の波に乗って、稼ぎたいんだと思います。

大体の商材が違法スレスレ、親告罪をいいことに、
限りなくグレーな手法を紹介しているようですが、
それがまかりとおる販売サイドにも問題ありですね。

では、この商材はどうなんでしょうか。

早速レビューしていこうと思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

販売社名:株式会社ピラミッド

運営統括責任者:村上省吾

所在地:東京都目黒区東3-22-7 ペルメゾン203

販売URL:http://shogoman.net/ytmx2017_lp/

2017という割に

この商材のヘッドコピーには「2017」というワードが使われていますが、
これでは消費者サイドに「最新の手法」という誤解を与えかねます。

 

というのもの、中身は別に新しいものではなく、既存のYoutubeを使った稼ぎ方です。

 

キャッシュポイント(お金の元)は、Youtubeアドセンス。

動画に広告を出稿するタイプなので、
1つの動画で大量の再生回数を稼いでお金を稼ぐか、
低い再生回数の動画を大量に量産して稼ぐという方法ですね。

 

こうした「既存の内容」に購入してガッカリされている方もいるみたいです。

 

こうした最先端を謳うということは、Youtube系で失敗した人も対象にしていると思うので、
購入したガッカリする人がいても無理が無いと思います。

まあ、2016年の後半リリースの教材なので、2016とか付けても、
来年には遅れている感が出るので2017にもしたと思うのですが、
内容が見合わないなら、もっと別のヘッドコピーにすべきですね。

 

 

バックエンドの可能性が満載

インフォプレナーにはインフォプレナーなりの目的があって教材を販売しているという意図を知るべきです。

大体の場合が、ノウハウが古くなったから、今度は売って稼ぐ、
試して、少し成果が出たの後は販売に回る、そういった人が大半です。

ちなみに私が紹介しているCopyrighting Affiliate Programの販売意図といのは、
アフィリエイターの育成であり、結果的に、Copyrighting affilate programの販売者が販売する、
商材などを紹介してくれるアフィリエイターが生まれれば、一層販売者も儲けることが出来るという、
合理的なものになっています。

話はそれてしまいましたが、

 

で、この教材は、販売元が稼ぎにくくなったからリリースされたと思います。

内容自体が新しいものではありませんからね。

といのも、購入後のバックエンドの可能性が満載だからです。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

このツールはライバルチャンネルのリサーチや、
サジェストキーワードも表示してくれるという優れものだそうですが、
一番気になるのは「初月無料」というものですね。

 

継続的にお金を払うツールなので、

このツールに頼っていては、毎月この販売元からお金が搾取されていきます。

 

ライバルのYoutubeチャンネルを丸裸にするウェブサイトは、無料でありますし、
(SOCIAL BLADEという海外サイトですが、日本人youtuberのチャンネルもリサーチ可)
サジェストキーワードは、毎月お金を払ってまで使い続けるものでは無いと思います。

 

キーワード解析系のツールを一本買った方がお得ですね。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

購入者様に別途メールをするとのことで、特に無料の表記も無く、
有料のセミナーが待っているはずです。

 

その辺の案内があることも覚悟して置いた方がいいですね。

 

もちろんお金を使いたくないなら参加しなければいいだけの話なのですが、

どんな魅力的な言い回しで宣伝してくるかわかりません。

 

「ここだけ」とかのワードがメールで使われていたら、私自身も気になりそうです(笑)

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

もちろん商材の購入者というのは、セールスレターに魅せられた「質の高い顧客」です。
購入者のメールアドレスをほおって置くのは非常にもったいないですね。

 

ということで、この商材でも限定メルマガが出ていますが、
このメルマガではセミナー案内、新商品などの案内もあると思います。

 

特典として称して、3つの案内がありますが、個人的には購入者の為、
というより、販売者がこれからも利益を上げ続けるための特典のような気がしてなりません。

 

 

外注戦略が組み込まれているわけ

 

この販売者が300万円もの収入を達成して、それを継続してきた、
または継続させているかはわかりませんが、

そこまでの収入に持ち上げたのは、外注戦略だと思います。

 

別に販売元の村上省吾さんは有名なYoutuberではありませんし、
きっとコツコツ動画の生産を最初は頑張ったんだと思うのですが、
やはり300万という額を達成するために、外注を駆使したのでしょうね。

 

で、外注するとなれば、もちろん人件費かかってきますし、
初心者が外注さんと綿密にやりとりして、動画を作ってくれるかというと、
そうではありません。

 

動画作成になれない方もいらっしゃると思いますし、
当たり外れが激しいと思います。

 

コストがかかる、外注さんという「人」を使わないといけないって、
初心者にできるのかなーという話です。

 

 

 

コンセプトって結局

正直、Youtube系の商材で作られた動画なんて、ゴロゴロYoutubeにアップされていますよね?

では、どうやってそういった動画と差別化していくかというと、
村上さん曰くオリジナル要素を付加していくそうですが、

要は、他チャンネルのモデリングです。

再生回数、再生時間、キーワードなどから他チャンネル動画をモデリングし、
それ以上のコンテンツを作っていくといったところ。

で、結局このモデリングにおてい、他チャンネルのリサーチが必要になってくるわけで、
上記の継続料金のかかるツールが必要になってくることも予想できます。

 

 

 

 

 

総評

他のサイトでも批評されている通り、この商材は抽象的な内容にとどまっているし
まあ、調べればわかるような内容がゴロゴロ。

サポート無し、返金保証無しで、16800円も使うのは非常にもったいないと思います。

といいますが、この教材について調べれば、
「明らかに最近作っただろう」というYoutubeManiaxの特集を組んだサイトがゴロゴロ出てきます。

この教材を販売するためだけに作った感じのサイトですね。

まあ、情報商材業界はインサイダー取引がまかり通るので、
先行者利益が非常に高いです。

そうしたインフォプレナー、一部アフィリエイターによる稼ぐ意図が見え見えな商材でもあるので、
購入者に稼がせる気なんて無いと感じさせます。

最後は私の感想になってしまいましたが、

以上参考にして頂ければと思います。

 

柏山

 

P.S

Youtubeアドセンスで稼ぐということは、Youtubeに依存することを意味します。

アドセンス単価が半分になれば月収も半分ですし、
Youtube運営主体がGoogleであるならば、
今後、「質の低い動画」はどんどん検索圏外、関連動画からの排除も十分考えられます。

あくまで「可能性」の話ですが、質の低いブログやまとめサイトがどんどん圏外にされたように、
Youtubeでも同じことが今後考えられます。

「長く稼がなく良い、お小遣い程度でいい」

という人は、こうした目先の利益を追う教材でもいいですが、

本気で稼ぎたい、安定収入が欲しい、ネット起業したい、という方は下記の商材レビューを参考にされて下さい。

Copyrighting Affiliate Programレビュー