柏山です。

早速ですが、あなたはアクセス解析をブログに設置していますか?

結構有効に活用できるので、本日はその設置方法と、
その際の活用方法をお伝えします。

 

まずは設置

アクセス解析と言っても、ツールは結構あります。

今回は、私のオススメのツールである忍者アクセス解析の設置方法をお伝えします。

無料で利用できるのものなので、設置することをオススメします。

 

 

・設置

以下のURLへアクセス。(アフィリンクでは無いのでご安心を)

http://www.ninja.co.jp

アクセスしたら、「Ninja Analyze」から、無料作成、新規ユーザー登録を押して下さい。

メールアドレスを入力したら、返信がくるので、あとは必要事項を入力。

その後、解析対象のURL入力とツール名を入力します。
ツール名は任意で構いません。

私は、「ワードプレス」としています。

 

無題

 

入力が完了すると、このような画面が出てきますよね?

そうしたら、上の大きい欄のURLをコピーしておきます。

コピーしたら今度は、ワードプレスの管理画面を開きます。

 

そして管理画面から、

「外観」→「テーマ編集」→「テーマヘッダー(header.php)」へと進みます。

無題

その中ら</head>のタグを探します。
タグの中から探さなくてはなりませんが、頑張って下さい(笑)

その後は簡単で、その上に、先ほどコピーしたタグを貼り付けて完了です。

 

 

アクセス解析の活用法

さて、アフィリエイトをスタートするにせよ、ブログをスタートさせるにせよ、
色んなところで「アクセス解析は導入しておきましょう」と紹介されています。

 

私もそれと同じことを言いたいのですが、
今回の導入目的は、ただアクセスの推移を見るのではなく、それを有効に活用する方法です。

私もトレンドアフィリエイト時代は、ただアクセスの増減を見て、
一喜一憂するだけでしたが、メルマガアフィリエイトをスタートさせてからは、
しっかり活用しようと思いました。

 

アクセス解析では、読者さんが「どこのページ見ているか」
ということがわかります。(実際に使われて見て下さい)

忍者アナライザもまた然りです。

つまり一番閲覧されているページもわかるわけです。

そもそもアクセス解析を導入している方は、多かれ少なかれブログをキャッシュポイントとしている人ですよね?

だから、一番閲覧されているページには、しっかりと自分のキャッシュポイントとなる場所へ誘導することが大事です。

 

せっかくアクセスしてきてくれたのに、誘導する場所が無ければ、
読者さんはすぐに「戻るボタン」をクリックして、二度と来てくれないかもしれません。

ブログでの集客が出来たら、あとはその集客から、
どの位の割合を誘導できているか、ここもしっかりと把握すべきです。

誘導率の割合があまりにも低い場合、
改善点など見つけることができるからです。

 

例えば誘導率が低いのなら、

・客層とブログがマッチしていない

・他の記事を読みたいと思わない

などが考えられます。

客層をマッチさせるには、やはりユーザーの求める情報が書かれていない、
ということになるので、内容を見直す必要がありますよね。

その際のポイントは、ブログタイトルと記事内容がマッチしていているか。
記事内容が、読者様の抱える問題や願望も満たしているかチェックすると良いです。

また他の記事を読みたい、という意欲を読者様から引き出す必要があります。
最後までページをスクロールした後、
他の記事も読みたいと思わせる必要があるのです。

この時のポイントは、関連ページのリンクを設置するとともに、
読者様が必要としているような、魅力的なタイトルを付けると良いですよね。

 

なので、アクセス解析を設置したら、ただ日々のアクセス推移を見るではなく、
キャッシュポイントへの誘導率もしっかり確認して下さい。

この誘導率が高ければ、高いほど、「稼ぐこと」に繋がるので、
改善できるところは、しっかりと改善していかなければなりません。

 

 

誘導率の目安

さて、誘導率をチェックするが、目安ってどの位なの?

という質問が聞こえてきそうなので、お答えしておきます。

これは私が師匠に直接聞いて頂いた回答なのですが、それは、

「アクセス数に対して2~3%」

とのことです。

つまり100アクセスなら、2人から3人。
1000アクセスなら20人から30人。

ということになります。

これらが合格ラインだそうです。まだ初心者の方は、アクセスを集めること自体が大変ですが、
メルマガを創刊したら、アクセス解析とともに、この数字も頭にいれて置くといいですね。

もし、100アクセスに達してもこれらの合格ラインをクリアできなければ改善点を
見つけていかなければなりません。

それは上記のように、誘導率が悪かったり、そもそも記事を見直す、ターゲット必要としている情報は書かれているか、また興味を抱くような記事タイトルにしているか、こうした改善点が見えてくるわけですね。

以上、アクセス解析を設置する際は、これらを参考にしてみて下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

柏山