どうも柏山です。

情報を発信してお金を稼ぐビジネス、つまり情報発信ビジネスですが、
(アフィリエイター、ブロガーさんなど)

オリジナルの記事ってどう書けばいいの?

っていう人も初心者にはいらっしゃるかと思います。

今回は、自分オリジナルのコンテンツが作れない方に、
私なりの「オリジナル」の定義をお伝えしようと思います。

たぶん記事を読み終わる頃には、

抵抗なくオリジナル記事が書けるようになっていると思います。

 

そもそもオリジナルとは?

情報発信者の目的は、たくさんの人に自分のコンテンツをみてもらうこと。
そして収益を上げることですよね。

なので、まず多くの人にみてもらわなければいけませんが、
そのためには、検索エンジンの上位に食いこむ必要があります。

最低でもGoogleの1ページ目には表示されたいところ。

じゃあ、Googleで1番目にはどんな記事が表示されるかというと、

質が高くオリジナルな記事が好まれているようです。

この「オリジナル」ってのが初心者の方にはネックだと思います。

質というのは、まあ情報を調べ上げて、
淡々と正確な事実や読者の悩みを解決すればいいのですが、
オリジナルとなると難しいですよね。

為になる・価値ある情報とは?

じゃあ、どんな記事がオリジナルなのか。

これってのは、正解が1つじゃないと思うんですが、
私が思うオリジナルは、「その人の内心からにじみでる考えや意見」だと思います。

例え他人の記事を参考に記事を書いたとしても、

その記事と同じ主張になったとしても、

自分のなりの意見や考えが少なからずわいてくると思うんです。

そうした、あなたの心から出たことを、「文字」としておこすだけでも、
だいぶオリジナリティ溢れる記事になると思います。

その他にも、あなた独自の切り口、文体、言い回しなどなど、
「オリジナル」を構成する要素はたくさんありますので、

案外意識しなくても「オリジナル」は文章に現れるんですよね。

 

「自分の持っている考えや知識は、もうすでに誰かが発信してるし、
これはもう二番煎じだ」

と思う場合でも、とにかく情報発信してみて下さい。

例え情報の本質的な中身が一緒でも、

あなたの切り口で、考え、にじみでる個性に共感を覚えて、
積極的に情報を受け取る人が現れると思います。

 

もちろん誰かの文章を読んで、語尾や助詞を変えたり、
文を入れ替えるだけでは、個性が全くでませんが、

他人から吸収した知識を、自分の内心からわきでる意見や考えにのっければ、
それはもう「オリジナル記事」と読んでも過言ではありません。

 

そもそも情報を発信している人は、その情報を学ぶために、
本やネットで勉強していると思いますが、もうその時点で、本やネットの二番煎じなんです。

だから、オリジナルが書けないと悩む前に、
とにかく、自分の言葉で自分の文章を書いてみる。

これが情報発信ビジネスには大切なのかなと思います。

もちろん今私が言っていることは、ある方から学んだ内容です。
だから二番煎じと言えば二番煎じなのですが、

「自分の言葉」で書いています。

そして、そんな言葉に反応してこのブログを読んで下さる読者さんは、
いるのも事実ですし、私のメルマガを楽しみにしている方もいらっしゃいます。

 

 

案外個性は出るよという話

私はこのブログの記事を書く度に、やっぱり二番煎じじゃないのかな、
という意識も大なり小なりあります。

コピペしているわけではありませんが、
自分の言葉で書いてもやはり他人の知識を拝借してるわけですからね。

だから、私の文章には「個性がない」と思っていました。

結構淡々と書いていますし、文字を大きくしたり、
絵文字を使ってみたりするわけでは無いので(汗)

で、このブログはTwitterアカウントともやっているんですが、
ある日フォロワーのOさんと絡んでいたら、こんなこと言われました。

 

「柏山さんのブログ、十分個性が出ているよ」

 

私は「個性なんて無い」と思っていたのですが、
やはり「自分の言葉」で書いていたおかげか、しっかりと個性が出ていたそうなんです。

この時はかなりほっとしました(笑)

やはり記事にオリジナリティを出すには「自分の言葉」で表現することが大事なようです。

 

情報発信ビジネスで駆け出しの人は、
手がとまりがちですが、まずは「自分の言葉で書いてみる」っていうだけでも、
だいぶ違います。

その他プロフィールとか、デザインとかで差別化する方法もありますが、
”情報発信”が主体である以上、個性をにじませて書いていくといいと思います。

 

オリジナルの記事なんて書けないという人は、
ぜひぜひ参考までに。

それでは今回はこの辺で。

柏山