どうも柏山です。

 

アフィリエイト活動にとってとても大切なことは、記事を作成していくということですが

現実問題として、「タイピングが苦手だ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は現在、コンサルタントとしてネットビジネスを教えていますが、

コンサル生の中には、やはりタイピング速度が遅いという方もいらっしゃいます。

 

そこで以前よりその問題をどうやって解決できるかと考えていたのですが

「音声入力ではどうか」と思い立ち、

実際今この記事を音声入力で書いています(笑)

 

では実際に音声入力を使ってみた感想をここではお伝えしていこうと思います。

タイピングが苦手だという人はぜひ参考にしていただければと思います。

 

タイピングがかなり苦手な人にはいいかも?

 

タイピングが遅いせいで1時間以上かかってしまうという人は

是非音声入力を試してみることをお勧めします

 

自分がしゃべった通りに文字が書き起こされるので

指を動かす必要はほとんどありません。

 

スペースキーを押して漢字変換の候補を探さなくても良いので

その分時間も省略することができます。

 

慣れてくれば普通にタイピングしている人より早く文字を書き起こすことができます。

 

一方でタイピングに慣れているという人には、
かなり抵抗感がある方法になるかもしれません

 

というのも自分がしゃべった通りにすぐ文章になるので
次の文を考えてる暇がありません(苦笑)

 

通常タイピングする時は文字を入力しつつ
短い時間で次に何を書くかを考えている人が大半だと思いますので、
その点音声入力は不便かと。

 

一方で音声入力の場合だとそれを考えてる暇がないので

ひたすらしゃべり続ける必要があります

 

 

実際ここまで私も、音声入力で文字を書け起こしてみると

ストレスしかありません(笑)

 

もしこの方法になれることができれば、
かなり早く文章コンテンツを作成することができますが

現場は慣れるのに手一杯です。

 

ただひとたび慣れることができれば
どんどん自分のアイデアや意見感想などを文字に起こせますし
同時にスピーチ力も鍛えられます。

 

情報発信ビジネスをしている人の中には
動画のコンテンツを作成しているという人もいるかもしれませんが、
それと同じ感覚で文章を作成できるわけです。

 

時間を短縮しつつ話す訓練をするという点ではかなり良い方法なのではないでしょうか。

 

情熱が伝わりやすい?

このブログでは日々コピーライティングの重要性を説いていますが、

コピーライティングの基本は文章のわかりやすさです。

 

意外とタイピングをしていると言いましが変になってしまったり

文章の構成がおかしくなるということが多々あります。

 

ただ音声入力の場合だと実際に自分の口に出して読むので、

そこまで違和感のない文章を書くことができます。

 

一度出来上がった文章を客観的に読み返すということで

文章のおかしな点や違和感に気づくことができますが、

そもそも作成する段階で口に出して文字を作っているため

そうした違和感やおかしな感じが生まれにくいというメリットもあります。

 

また実際に語りかけるように文章を作成していくので
無機質になりがちなタイピングよりより上熱がこもりやすい文章になることも予想されます。

 

つまり相手に伝わりやすい、かつ素早く文章が作成できるという点は非常に良いのではないでしょうか。

 

もしタイピングが不慣れな人は音声入力という手法も考えてみるべきかと思います。

 

文章の出力方法は何もタイピングにこだわる必要はありません。

自分が伝えたい内容を文章に書き起こすことができれば何の問題もありませんから。

 

どの音声入力システムを使えば良いか。

 

音声入力ソフトは有料のものから無料のものまであります。

 

ただ私の場合は今後ともタイピングで文字を書き起こして行こうと思っていないので
現場無料のツールで文字を書き起こしています。

 

その無料ツールっていうのは google ドキュメントの音声入力ツールです。

 

  googleドキュメントをひらいて、
上のタブのツールから音声入力を選ぶことで使用が可能となります。

 

なお chrome 上でしか音声入力ツールは使えないので、

使いたい場合はクロームをインストールする必要があります。

 

私もこの記事を作成するため他のブラウザ上で
何度も音声入力を試みていたのですが一向に出力くされず苦労していました(汗)

 

後 chrome の音声入力は、句読点や改行ができないので適宜キーボードを使って
自分で入力しながら文章を書いていく必要があります。

 

今後本格的に音声入力のみで文章を作成して行くというのであれば、

有料のソフトを購入した方がいいかもしれません。

 

ただ google の音声入力ツールはかなり精度が高いので、

有料ツールは不要だという人もいらっしゃるかもしれません。

 

漢字変換や話し言葉などをかなりスムーズにタイピングしてくれます。

 

お金に余裕がない時期は google の音声入力ツールを使ってもいいかもしれませんね。

 

健康にいいかも、音声入力ツール

 

アフィリエイターに限らず文章作成は黙々とキーボードをカタカタとうつ作業です。

 

頭の糖分は使うかもしれませんが、エネルギーはさほど使わないかと思います。

 

ただ音声入力の場合「実際にしゃべる」のでそれなりにエネルギーを使います

また次に文字として起こす部分をすぐ考えなければいけないので
頭頭もフルスピードで回さなければいけません。

 

なので文章を書き終わる頃にはタイピングをする以上にかなり疲れると思います。

 

目をつぶってでも文字を起こせる、
または立っていても文字を起こせるので肩こりなどの心配はありませんが、
全体的な疲労感があることは否めません。

 

こうしたメリットデメリットを踏まえた上で音声入力にするか
タイピングを頑張っていくかご自身で判断されると良いと思います。

 

そして現段階においてどれぐらいの文字数に達したのか
ツールから文字カウントをしていましたびっくりすることに既に2300文字を超えていました

 

話すだけで2300文字・・・

 

タイピングにするとかなり楽なように思いました

 

頭に一定の構成が出来上がっている書く文章は決まっているという時はわざわざタイピングするより音声入力に頼った方がいいかもしれません

 

以上音声入力を使っての感想でした。

 

何か参考になればと思います。

 

 

いかがだったでしょうか。上記の分は改行や句読点以外は、
ほとんど音声入力です。

音声入力後、若干の手直しをしましたが、
それに比べてもタイピングより比較的楽に記事1本作成できました。

音声入力に興味がる、向いてそうと思う人は使ってみてもいいかもしれません。

 

それでは今回は、本当にこの辺で。

 

柏山