どうも柏山です。

このブロクの軸は「自分の好きなことをマネタイズする」

つまり、自分の趣味とか、好きなことを発信して収益を得よう!

というスタンスの元、ブログを運営しています。

ただ、自分の好きなことが、「需要がない」ケースだってあります。

たとえば、私が、ツシマヤマネコがいくら好きでも、
それに関してブログで情報発信しても、それをマネタイズすることは厳しいわけです。

なぜなら、ツシマヤマネコと調べて、ブログに来てくれる人が少ない、
そもそもツシマヤマネコに関する商品そのものが少ない・・・

残念ながらこうした、ケースの場合は、情報発信を断念せざるを得ません。

なので、本日は、「自分の発信しようとしているテーマが果たしてジャンルがあるのか」
ということをGoogleのツールを利用して調べていきます。

テーマ選定で悩まれている方は、ぜひ参考にされて下さい。

 

Googleキーワードプランナーとは

Googleキーワードプランナーとは、Googleの検索エンジンを使う人が入力する
「キーワード」が、どれくらい検索されているか、そしてそのキーワードはどれくらい競合しているのか、
簡易的にわかるツールのことです。

検索ボリューム(どれくらい検索されているか)がわかることで、あなたの発信しようとするジャンルに、
需要があるか、無いかがおおよそわかり、テーマ選定の指針になります。

Googleのアカウントがあれば無料で利用できるので、
ぜひ活用して見て下さい。

 

 

 

実際に使ってみる

 

たとえば、あなたがこれから「恋愛」をテーマに、情報発信しようとした時、
恋愛に関して需要があるか、調べなければなりません。

もっとも、恋愛市場は非常に規模が大きく、需要があるのは周知の事実ですが、
今回はあくまで例として、「恋愛」というキーワードで検索ボリュームを調べてみました。

 

まずは、Googleアドワーズの画面からログイン
※利用にはGoogleアカウントが必要です。

 

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc

 

右上のログインからGoogleのIDとパスワードを入力することで、
Googleアドワーズが利用可能になります。

 

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92

 

新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得というところがあるので、
「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用してキーワードを検索」を選びます。

そして、検索の枠に「恋愛」と打ち込んでみます。

すると、

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

恋愛と打つと、「すべての候補の平均月間検索ボリュームです 100~1000万」と表示されました。

これは、月間にして、10万から100万回、恋愛に関して調べられている、ということになります。

やはり恋愛のジャンルはニーズが高く、熱い市場だということがわかります。

 

 

では続いて、恋愛よりニッチそうなジャンル、「釣り」について調べてみました。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

恋愛のジャンルに比べれば、検索ボリュームは下がりますが、
それでも1万から10万と、結構な数が検索されています。

では、冒頭で述べた、「ツシマヤマネコ」はどれくらい検索されているのでしょうか。

キーワードプランナーを使って、調べてみます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

月間、1000から1万。恋愛や釣りに比べると、検索している人の人口は大きく減りました。
釣りの市場に比べれば、10分の1となりますので、この市場で商売していくというのは厳しいかもしれません。

 

 

 

競合が激しくても・・・

Googleキーワードプランナーを使えば、複合キーワードの検索需要も調べることができます。

複合キーワードとは、キーワードを2つ以上組み合わせたものです。

「ダイエット 成功法」「夜釣り 穴場スポット」「アフィリエイト 楽 稼ぎ方」などです。

例えば、Googleキーワードプランナーで「ダイエット」と調べると、
複合キーワードの検索候補も表示してくれます。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

「ダイエット」という単体ワードで、10万から100万の検索需要があっても、
下の方の複合ワードでは、その検索需要が、1万から10万に下がり、
競合が「低」のものあります。

 

このようにダイエットというブログを開設しても、競合の低いワードを狙って、
ブログコンテンツを充実されば、アクセスを集めることもできます。

 

 

目安は目安

Googleキーワードプランナーで提示される検索需要は、あくまで目安です。

ただ月間の検索ボリュームがあまり少ない場合は、
そのテーマによる情報発信はオススメしません。

検索して来る人がいなければ、いくら良い商品を作ろうが、
いくら良い情報を発信しようが「需要」が無いのですから、
言ってしまえば、お金になりません。

 

以上、自分の好きなことを発信する前提として、その情報に需要があるのか、
気になって際は、Googleアドワーズを利用してみるのも手ですね。

 

参考にして頂ければと思います。

 

柏山