どうも柏山です。

今回は、インフォトップのランクインしていた、パーフェクサテライトライター2(以下PSW2)
について、レビューしていこうと思います。

購入を検討している方は、参考にして頂ければと思います。

それでは早速レビューしていきます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

販売社名:株式会社T.P.L.Consulting

運営統括責任者:田嶋 秀一

所在地:〒105-0001東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第二ビル3F

販売URL:http://psw2.info/

 

 

本当に使えるのか?

PSW2の用途は以下の通り。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

この中で私が使えると思ったのは、2つ目のサテライトサイト用と、4つ目のサテライトサイトにリンクを供給するためのサイトの文章として利用。

これだけですね。

 

なぜかというと、このツールで作成する文章レベルが低いから。

 

このツールから生成される文章はセールスレターですでにご覧になったか方もいらっしゃいると思いますが、
一応、以下からご確認頂ければと思います。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

例として、一番上の脱毛版を取り出してみました。

 

で、内容や文章、言い回しは従来の文章作成ツールに「比べれば」自然ですが、
このレベルの文章が「質の高い」文章かと言われれば、そうでは無いですよね。

 

セールスレターでは、質があって、文章量があってーなんて言われていますが、
この文章は、質は無く、変な言い回しの多用と、回りくどい文章で、量をいたずらに増やしているだけです。

「ワキ毛をすっかり終了しておきたい」

 

・・・日本語を学びたての外国の方が書いたのかな?といった印象ですね(笑)

こうした変な文章は「違和感」を読み手に与え、またストレスを与えます。

となると、お察しの通りまず読まれません。

 

で、上記で作成された文を収益サイト用の文章とか、メインサイトの文章補填に使うってのは、
正直ありえないと思います。

 

ブログやサイトを読みに来る人は、はじめて見たページ以外にも記事を読むと思うのですが、
そんな時に「質の低い」記事を読めば、簡単にページを離れます。

 

むしろこの程度の文章であれば、「あ、ツールを使っているな」ってわかるわけです。

 

そんなサイトから購入しようなんて誰が思うでしょうか。

 

私ならツールで書いた文章をブログやサイトにアップしているとわかったら、
絶対購入しませんし、嫌悪感すらいだきます。

 

あ、この人稼ぐためにツール使ってんだなって一気に冷めます。

 

あくまで個人の意見ですが、売られる側の気持ちになれば、
私と同じような考えを持つ方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

だから、人様の目にとまるようなものでなく、
あくまでリンク供給をするためのサテライトの文章として使うことが
ベターだと思います。

 

 

 

 

だからといってこのツールを肯定しているわけではない

リンクを供給するために・・・と上述しましたが、それは利用するなら、
その方法を取った方が「ベター」ということで、
私はこうした、自動系のツールには一定の嫌悪感があります。

 

なぜなら、「読み手の為になる可能性が限りなく低いから」

アフィリエイターの仕事は商品を紹介していくことですが、
文章を使って、いかに有益な情報を読み手に提供できるか。

 

これが大事だと私は思っています。

 

モノが溢れかえる現代、的確に商品をレビューしたり、それ関する知識を伝えることで、
読者さんが商品購入に際して正しい判断をできるようにする。

これがアフィリエイターのあるべき姿だと本気で考えいます。

 

でもこのツールはどうでしょうか。

 

「1兆とおりも文章を作れる」
「一気に何千ページもつくれる」

明らかに読者目線というより、楽して作業をしたいというアフィリエイター目線です。

しかも出来上がった文章は、まるで価値の無い記事。

 

それをネット上にどんどんアップしたところで、
読み手の利益には繋がりませんし、検索エンジンからも嫌われるはずです。

 

とまあ、ここまでは私見ですが、
一応日本最大のシェアを誇る検索エンジン、Googleはこうした「自作自演リンク」をどう捉えているか、
ここで紹介させて頂きます。

 

 

 

上記動画では、日本の男性が、自分自身で作ったサイトAと、サイトBをリンクさせることに問題は無いのか?
という主旨の質問をGoogleに寄せています。

 

 

それに対して上記の男性は、前提として

「ただ、サイトAとサイトBをリンクさせること自体は問題無い」
と答えています。

 

AとBが相互に関連しあっていれば大丈夫とのこと。

 

ただ、リンクする数は片手で数え切れないほど増えていくのは、
不自然であると述べています。

 

「車の保険のサイトを見にきたのに、222ものリンクは不要ですよね」

との例え話しを持ち出して、丁寧に解説されています。

 

 

そしてまとめとして、

・リンクの数が少ない
・相互に深く関連しあっている

これがだったら自作リンクでも問題が無いようです。

 

 

PSW2は大量にページを作り、そこからリンクを送り、
サイトの順位に影響を与えるというものでした。

 

これは、PSW2の購入者の利用次第ですが、大半の方が、
上位表示を狙って大量のリンクを送り込むために購入すると思います。

 

実際にそうして「上位表示できました」といって、
このツールを売り込むアフィリエイターもいるくらいですからね。

 

ただ、その方向性でいくと、明らかにGoogleの意向に背くことになりますし、
相互に深く関連しあっているといっても、やはり無駄にリンクばかり増えるサイトは、
怪しいわけです。

 

 

セールスレターでは、

「現在進行形で効果のあることを実践して下さい」

 

と言ってますが、現在進行形なら将来的に使えなくなる可能性もありますし、
Googleの意向にも準拠している形でもないので、

このツールを購入することは「自己責任」となります。

 

そもそも、こうした「ブラック」な手法に頼るということは、
長期的な利益を見越す上で懸命な判断ではありません。

 

これからもGoogleは、何かしらのアップデートをしていくるでしょうし、
有効な被リンクとそうでないものも確実に見分けてきそうですね。

 

あなたが専業アフィリエイターとして事業を行い、
かつ長期的にビジネスをみているなら、ちゃんと自分の手、
もしくは、しっかりとした文章が書ける外注さんを雇ったほうがいいですね。

 

結局アフィリエイトの根底は、文章ですから、
そこをないがしろにするっていうのは、アウトだと思います。

 

だからこそ私は、文章力を重要視していますし、コピーライティング講座も、
ブログの方で無料で公開させて頂いております。

 

 

自己責任でも、バックリンクが欲しい、短期間な利益でも良い、
という人は買ってもいいですが、

 

そうした「自分が」な目線でビジネスをしているといずれ立ちいかなくなるか、
収入は頭打ちになりますよ。

以上参考にして頂けたらと思います。

 

柏山