どうも柏山です。

インフォトップにて、「ポケモンGo」を使って稼ぎましょうという、
面白い商材がリリースされたので、レビュー・考察をしていこうと思います。

情報業界の面白いところは、新興市場が登場すると、
すぐ乗っかろうとするところですね(笑)

新しいSNSが出る度にそれにあやかり「最新の手法です」なんて言って売り出す。

たぶん今後も新しいサービスが出る度こうしたことが行われていくのでしょうね。

では早速レビュー・考察していきます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

販売元:Global Investment Academy

運営サイト: ポケモンGo 稼ぐチャンスはどこにある?基礎編

運営統括責任者:両角 崇

所在地:Rm. 501A, Ocean Centre, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

 

 

 

ポケモンGoを、どうマネタイズするか。

まず、ポケモンGoはリアルビジネスとの相性が非常に良いです。

というのも、ポケモンGoでは、エサをばら撒くことで、
ポケモンをおびき寄せることができるから。

 

もちろん、そのルアーと呼ばれるエサは購入するので、
お金はかかりますが、集まったポケモン目当てにスマホユーザーが集まってくるので、
人が集まらない過疎化した商店街でも、人を集めることが可能です。

 

だから広告費だと思えばリアルビジネスに幅広く応用が効きます。

 

実際のところ、セールスレターでも

 

ポケモンGOを使って個人でも儲けることが可能な情報、ビジネスになるヒント

これをチャーリーから継続的に配信させて頂きます!

 

とのことで、こうした情報も配信されるかもしれません。

 

ネットビジネスで、どう稼いでいくか。

まず、1番に考えられる(というかもうすでに多くの人がしている)が、
ブログ運営によう広告収入です。

ポケモンGo関連の情報をまとめ、ブログに発信。

キーワードを狙って集客すれば一定のアクセスを呼び込めるので、
アドセンスなどのクリック広告で稼ぐことができます。

 

ただこの手ジャンルは、非常に強力なライバルがいます。

 

ポケモンに詳しく、ポケモンGo解禁以前より、ポケモンGo関連の情報を発信していた
ブログもあるので、そういったサイトに勝っていくのは少々厳しいですね。

 

その他、ネットで活用していくならばオークションサイトもあります。

ポケモンGoでオークション?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
お金になる方法があります(笑)

 

それは、自分のアカウントを売買する、というものですね。

 

レベル上げに時間がかかるから、金で労力を買うといった感じ。

その他、ポケモンの捕獲代行サービスなど、
ポケモンGoって本当に応用がきいて面白いです(笑)

ただ、ポケモンGoは営利目的での利用は禁止されていますので、
売買した場合、お咎めがあるので絶対にやらないで下さいね。

 

 

セールスレターは明らかな情報弱者狙い

セールスレターを読む限り、明らかに情報弱者狙いなのは、
よくわかります。

 

まあ、まず根拠の無い数字を提示されても、といったところ。

 

ポケモンGoを活用したところ75%売上が上がったそうですが、
どんな数字が根拠になっているか、全く証拠がありません(笑)

ポケモンGoの活用法が秘密なのは、まあしょうがないですが、

活用する前の数字(売上)、活用後の数字(売上)

その辺をきっちり説明せず、ただ「75%!凄いですよね?」

と言われても、まあ説得力が皆無なわけです。

 

そして、数字を見て「凄いな!」と思う人の多くが情報弱者です。

 

数字は具体性を高め信用を引き出す効果があります。

数字という可視化できるものがあれば、リスクが軽減されますからね。

 

でも情報強者は、一歩引いた目線で「その数字の根拠は?」と考えています。

 

この75%の売上アップは、信じる価値はありませんね。

あとこれは個人的な所感ですが・・・

セールスレターに「!」を使う書き手って正直レベルが非常に低いと思っています。

 

販売者自身が手掛けたか、コピーライターが手がけたコピーかはわかりませんが
!をやたら使うセールスレターというのは反応を落とします。

 

人によっては威圧感や命令的な印象を与え兼ねませんし、
「!」が多用されればされるほど文章そのものに稚拙さを覚えます。

 

「あ、こいつ押し切ろうといしている」
「なんか子供っぽいな」

 

細かいことですが、こうしたイメージや印象は、
見込み客を取りこぼしていきます。

 

だから質の高いコピーライターは、!なんて多用しませんし、
むしろ避ける傾向に。

 

もちろん、キャラを引き立たせる意味合いで、ブログで「たまに」使うのはいいかもしれませんが、
万人を狙うセールスレターにおいて!を使うのは、自信の無さの現れか、
単に文章レベルが低いかのどちらかです。

断言できることなら!なんてわざわざ使いませんしね。

 

 

 

チャーリー・TAKA(田塩享寛)さんについて

この情報販売者のチャーリー・TAKAさん。

なんだかプロフィールを見る限り素晴らしい方に思え
さぞ有名そうな方ですが、

まあ、黒い噂が絶えません。

ネットで成功している人は、絶えずそうした噂がたつのもしょうがないことですがね。

なので私は彼を詐欺師だと言うつもりはありませんが、
あまり有名人でないのも確かですね。

というのも彼のYoutubeチャンネルの登録者数、かなり少ないです。

再生回数も6桁代。

やり手のビジネスマンならもうちょっと多くの人に見てもらえるんじゃないのと思うところ。

 

 

総評

PokemonGoで稼いでる人ってもういますし、
これで今から稼ごうってのは、ちょっと乗り遅れた感があります。

そもそも商用利用禁止のゲームアプリを、
検索エンジンやYoutubeと比較対象している時点で
おかしいですし、

いくら安くても買うだけ無駄かなと思うのが本音です。

以上参考までに。

 

柏山