どうも柏山です。

一応私も情報業界にみを置いて、情報を発信することで、
「あ、これはダメなやつだ」という判断が大なり小なりできるようになってきました。

それでもたまにセールスレターに魅せられていますが・・・(笑)

そして今回レビューする爆発感染パンデミックは、
「ダメなやつ」に入ります。

なぜダメなのか、しっかり噛み砕いてお伝えしていこうと思うので、
セールスレターに魅せられて「爆発感染パンデミック欲しい!」となっている方は、
一旦冷静な目に立ち返って私のレビュー記事を参考にして頂ければと思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

運営業者:リバリッチ

著者:川村希一

提供会社:株式会社SFT

所在地:沖縄県宜野湾市地泊65番地4 3F

 

爆発感染パンデミックは「アレ」みたいな構造

爆発感染パンデミックは、自動でリストが入ってくることを標榜しています。

リストビジネスについて、リスト(見込み客)はかなり大切ですし、
リストが集まらなくて挫折していく人も多いのではないでしょうか。

それが自動で手に入る、そしてバイラルという口コミでたくさん手に入るとあれば、
喉から手が出るほど欲しくなる、そんな気持ちもわからないでもありません。

ただその実態は、ネズミ講の手法です。

まず、爆発感染パンデミックの方で用意された無料レポートをあなたが配布します。

そして、無料レポートがダウンロードされたら、リストが手に入りますがが、そのリストが、
さらに無料レポートを紹介してリストを手に入れれば、そのリストはあなたのものです。

2ティアを取っているので、無限連鎖的にリストが手に入るわけではありませんが、
それでも「リストを増やしていくこと自体」は可能になっています。

なので、「感染」と謳っているものの実態は「無料レポート」ですね。

で、一番の味噌は、あなたは2ティアなのでリスト獲得に制限がありますが、
販売元の川村さんのみ、無限連鎖的にリストが手に入ります。

つまり親玉にリストが入る仕組みとなっているわけです。

我々消費者が購入し、紹介して紹介を重ねるだけ、
そのリストはどんどん川村さんの元に入っていきます。

もちろん自分のリストとしても活用できますが、ここはリストビジネスにおいてかなり大きな問題点かと思われます。

 

なぜ問題なのか

リストビジネスの真骨頂は、お客様と信頼関係を構築して、
お客様に商品を販売、アフィリエイターであれば紹介していくことになります。

でもどうでしょうか。

まず、無料レポートをダウンロードする人というのは、
無料レポート自体に興味があるのであって、ダウンロードと同時に流れてくるメルマガには、
ほとんど興味がありません。

私も無料レポートで集客しましたが、やはりブログ集客に比べると、
反応は格段に落ちます。

そして、仮にあなたの無料レポートに興味をもって、さらにメルマガに興味を持ってくれた
読者さんがいたとしても、川村さんがアプローチをかける可能性もあるのです。

せっかく「あなた」が配布する無料レポートとメルマガに興味をもって、
購読していたのに、ある日親玉である川村さんからもメールがくるようになる。

受け手としては、「え?」と言った感じですね。

他人のメルマガも流れてくるとなると、かなり迷惑です。

これじゃあ信頼関係も築きにくくなるのかなと思います。

 

リストがあれば稼げるは、「短絡的」

セールスレター全体の印象として、たくさんリストが集まる!だから稼げる!
みたいな流れになっていますが、これはあまりにも短絡的できす。

リストビジネスにおいて大切なのは、お客様の数より、その質です。

それこそ、読者増サービスで大金を使うことで、
数万人というリストを集めることができますが、
その反応率は、ブログで集めた数万人に比べると格段に落ちることは絶対と言えます。

だから爆発感染パンデミックのように、「数!数!数!」では稼げないわけです。

加えて、集めたリストに対する「教育力」が無くてはセールスには結びつきません。

読者様と信頼関係を構築するということは、
何か価値を提供する、ということですから、そこの教育のステップができない人が、
いくら数を集めて、商品を販売や紹介しても思うような結果は得られないと思います。

これは私のブログで常日頃より「コピーライティングが重要だ」と言っている理由ですね。

モノを販売したり紹介していくには文章で売り込む、というコピーライティングスキルは、
必須ですからね。

むしろこれが出来ていないアフィリエイターは収入も頭うちになって伸び悩んでいるのではないでしょうか。

 

モニター価格ってなんですか?サポート、手厚すぎませんか?

まず、モニター価格で19800円とのことですが、
モニター価格って、この商材販売されて結構時間たってます。

「モニター」という言葉をつけることで、「今だけ」という限定性を出して売ろうとしてのは、
簡単にわかります(笑)

あとサポートが怪しい程に長い。

普通19800円だったら、サポートはせいぜい3ヶ月のメールサポートくらい。

それが1年も続くって逆に怪しいです。

これがトレンドとか物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトで、
サポートを1年つけるとあれば「スゴイ!」と好評するわけですが、
今回は大元が得する仕組みなだけに、安易な発言はできません。

あくまで推測ですが、販売サイドとしては1年サポートしても、
結果としてリストが入ってくるので、その位の価値はあると踏んで、この長期サポートに乗り出しているのだと思います。

あくまで推測ですが、十分に考えられます。

 

実績が怪しすぎる件

セールスレターでは、2億5000万もの実績が提示されていますよね?

目を見張るような額ですが、その実績画像はなぜかインフォカートの実績画像なんです。

なぜあえてインフォトップよりマイナーなインフォカートでの当時販売していたのか、
そしてインフォトップで販売するのにわざわざインフォカートの実績提示なのか、
ちょっとここがひっかかりますね。

インフォトップの審査は少しでも誇大だと、審査に通らないことがあるそうですが、
インフォカートの実績ならインフォトップも調べようがありませんし・・・

ここはあまり鵜呑みにしない方がいいかもしれません。

 

総括

結局のこの商材の問題点というのは無料レポート集客というところですね。

あくまで主体は無料レポートです。
なのでメルマガのリストとしての質は低いかと思います。

それだったら、ブログで日々情報を発信し、発信者に価値を感じて
メルマガに登録してくる読者様の方が格段に質は高くなります。

そして文中もお伝えしたコピーライティングを用いることで、
制約率を格段に引き上げることが可能です。

私だったら、こんな大元のために無料レポートを紹介するようなビジネスではなく、

自分の力でブランディング、集客をしていった方が、
長い目で見ても返ってくるものは大きくなると思います。

で、リストビジネスを極めるなら、やっぱろコピーライティングアフィリエイトプログラムがオススメです。

爆発感染パンデミックのアイディアは悪くないですが、
リストのことを「感染者」と呼んで、明らかに「お金を取る対象」としかみていませんん。

一方コピーライティングアフィリエイトプログラムは、

読者様と信頼関係を構築して商品を販売していくという、
ビジネスの基本が詰まっていますので、

誠実にビジネスをしていきたいという方はそちらの方がオススメですね。

コピーライティングアフィリエイトプログラムレビュー

以上参考にして頂ければと思います。

 

柏山