どうも柏山です。

今回は「後発組アフィリエイターの強み」をテーマに
お伝えしていこうと思います。

もしあなたが自分は後発組だと感じている人は、
ぜひこの記事を一読して頂ければと思います。

きっと「今からでもやってやる」という気がわいてくると思います。
(自分で言うのもなんですが(笑))

それでは早速お伝えしていきます。

 

後発組の強みその1:情報の新規性

後発組は、必然的にスタート地点が遅いですが、
その分、情報も新しいものとなります。

先発組アフィリエイターのブログ記事は、
確かに豊富なコンテンツばかりなのですが、
中には「古い」情報もあるわけです。

で、古い情報ってのはまあ価値がありませんから、
まあ、読まれていないわけです。

一方後発組は、スタート地点が遅いので、
新しい情報を積み重ねていくことができます。

不要な古いコンテンツが無いブログは市場価値は高いので、
情報が新しいのは後発組アフィリエイターの強みだと思います。

もちろん自分のブログの息が長くなればなるほど、
昔のコンテンツは古くなるので、定期的に
読まれていない記事は削除し、新しいコンテンツを追加していくが大切になります。

 

後発組の強みその2:更新頻度

先発組のアフィリエイターって、だいたい稼げてしまっているので、
ブログを放置気味になる人もいます。(全員ではありませんよ!)

あと、ステップメールが終わったら、たまーにメルマガでオファーしてくるくらいです(笑)

コンサルに尽力したり、インフォプレナーになったり・・・

まあ、だから後発組の方が、ブログ更新を頑張っています。(印象)

で、SEOに”絶対”は無いのですが、更新頻度の高いブログの方が、
人から見られやすいです。

まあそうですよね、情報自体も新しいですし、
全く更新しないより、見られる確率はあがります。

まあ、だから先発組がブログを更新しないでのほほんとしている間、
後発組は、その座を奪ってやればいいんです(笑)

実際私も競合ひしめくキーワードでも上位表示できましたし、
先発組アフィリエイターの古いブログを追い抜いています。

後発組は記事更新しないと、ブログそのものの力もあがりませんし、
その「モチベーション」的なところでも強いのかなと思います。

 

後発組の強みその3:キーワード

アフィリエイターの多くが「キーワード」を狙って記事を書いています。

一見キーワードというパイの争いように思えますが、
実は毎日キーワードが生まれているってご存知でしたか?

具体的な数字は忘れてしまったのですが、
キーワードは常に生まれています。

そりゃそうですよね、新しい商品は日々リリースされていますし、
ネットユーザーが1億人いれば、
大量の新規キーワードが生まれてもおかしくありません。

 

私は現在の情報発信ビジネスに参入して1年にもなりませんが、
狙っていたキーワードについて、複合ワードが増えたものもありました。

当時の先発組アフィリエイターが知らない「複合ワード」です。

なので、後発組は新しく生まれてたキーワードを狙って
記事を書いていくといいかもしれません。

 

もちろんキーワードが新しいということは検索需要が低い可能性もあります。
ただ当たればライバル不在なので、けっこうアクセスが稼げると思います。

私も新商品のリリースを狙って記事を書いているので、
それなりにアクセスを集めることに成功しています。

 

後発組の強みその4:Googleの仕様変更

日本における主流の検索エンジンはグーグルです。
Bingはかなりシェアが低いですし、Yahooはグーグルのシステムを使っています。

で、アフィリエイターの多くがSEO集客、つまり検索エンジンから、
お客さんを集めていると思います。

そのグーグルは、最近クオリティアップデートを行いました。

これは、価値の無いコンテンツを提供しているサイトを一掃するためのもので、
適当な記事ばかり書いていたブログは圏外に飛ばされたはずです。

何が言いたいかと言うと、昔のグーグルの基準は甘かったということです。

なので、「昔」なら、ちょこっといい記事を書けば
上位表示されていたわけです。

ゴミのようなブログが多数上位表示を占めていた時代ですからね。
(今でもブラックハットな手法で上位に食い込む人もいますが、
その割合は減ったように思えます)

 

じゃあ2017年現在、そしてこれからは「ちょこっといい記事」を書いた程度では、
上位表示は厳しくなると思います。

 

流れ的にもホワイトな手法を使うホワイトハットが主流ですし、
グーグルもそういうブログを上位表示させようとします。

 

で、先発組アフィリエイターのブログって、昔のSEO基準で書いている人が
結構います。

それでも上位表示されているのは、
ドメインの年数が長いことや、コンテンツ量の多さだとは思いますが、
1記事1記事をみたら、たいしたことは書いてなかったりします。

 

そういう先発組アフィリエイターを私は見てきましたし、
検索結果では、現に追い抜いてきました(笑)

 

そういう先発組アフィリエイターがいるのであれば、
まだまだ後発組が入り込む余地はいくらでもあります。

むしろ先発組のブログを見れば、改善余地が見いだせるので、
まだまだ後発組でもやっていけるのかなと私は思います。
(私も追い抜かれないように頑張らなくては・・)

 

 

以上、4選でしたが、私はこうした理由から
後発組でも稼げると思っています。

というか、アフィリエイトなんて、まだ生まれたてのビジネスモデルです。

そして、今の日本って見ればわかるんですが、
明らかに終身雇用が崩れかけています。

そうした時代背景もあって、サラリーマンで副業する人も増えてきましたし、
政府も副業を「原則容認」するようにしています。

これからは「アフィリエイトを教えて欲しい!」という人は増えることが予想されますし、
そう考えると、後発組って全然後発じゃないのかなと思います。

今のうちにしっかりアフィリエイトを勉強して、
将来「教える側」にまわることができれば、
結構稼げるとも思います。

圧倒的にアフィリエイトの情報を欲している人が多いですからね。

以上後発組で不安という人は参考にして頂けたらと思います。

 

柏山

P.S

教える側、つまり「仕掛ける側」になるなら、
情報発信ビジネスがオススメです。

そのための教材は、私の師と仰ぐ人が手がける教材が、
一番のいいのかなと。

ぜひ一度、ご一読願えればと思います。

コピーライティングアフィリエイトプログラムのレビュー