どうも柏山です。

今回は、インフォトップのランキングにあった、
情報発信バイブルという教材にていてレビューしていきます。

アフィリエイター界で有名な小玉歩さんのお弟子さんのようですが、
セールスレターが矛盾だらけで、
総評としては「読み物」にはいいレベルだと感じております。

なぜ、読み物レベルなのか詳しくレビューしていきますね。

 

販売者名:Frontline Marketing Japan 株式会社

代表者:小玉歩

住所:東京都新宿区西新宿6-15-1-2707

販売URL:http://mk-bible.jp/

 

 

情報発信バイブルはどうやって稼ぐのか。

情報発信バイブルは、小玉歩さんのノウハウと、
三浦さんのオリジナルノウハウを組み込んだノウハウとのこと。

小玉さんのアフィリエイトノウハウというのは、
メルマガアフィリエイトです。

で、三浦さんのオリジナルノウハウというのは、
エンターテイメント性だとか。

そして、三浦さんは、エンターテイメント性を説くと同時に、
コピーライティング不要論を唱えています。

 

三浦さん的には、コピーライティングや人心掌握術は不要で、
それより「エンターテイメント性のある面白いメルマガ」が大切だということ。

面白いからこそ、読まれる

という持論の元、彼のメルマガノウハウが展開されているので、
一見勉強になるなと思う方も少なくないんではないでしょうか。

ただ、ここでいう「面白い」という視点は、
アフィリエイトで「稼ぐ」におてい若干視点がズレていると思います。

そもそも稼ぎたい一心でメルマガに登録してくる人は、
稼ぐノウハウを知りたいわけです。

お金が欲しい読者が求めているのは、
それ以上でもそれ以下でもありません。

読者が求めいるのは、稼ぐ方法ですので、面白さを求めているなら、
エンターテイメント性のある、小説だとか、個人の所感を書き留めるブログ、メルマガで十分なわけです。

しかもこの教材を買って、あなたがこのメルマガアフィリエイトを実践したところで、
見向きをする人は少ないと思います。

どこぞの誰かが、なんだか面白そうな情報を流している。

確かにこれに食いつく人もいるとは思いますが、
有名人でもない個人メルマガに「面白み」を求めるてくる人は、
ほぼいません。

あなたが稼ぎたい気持ちで、メルマガに登録したのに、
内容は、エンターテイメント性溢れる中身。

確かに読み物としては思いんです。
スラスラ読めて、次回が気になるはずです。

でも本質的にサラサラ読める読み物から何が吸収できるでしょうか。

 

あくまでメルマガアフィリエイトにおける「面白さ」とは、
「如何に読者の為になる内容になっているか」
「如何に価値ある情報を提供できるか」

そんな面白さすべきなんですね。

 

コピーライティング不要の裏に隠された真意

三浦さんのセールスレター全般、コピーライティングに対して否定的な見解をとっています。

それより、読者さんがいかに楽しめるか、それを考えるべきだと述べています。

この姿勢は、とっても大切ですし、私も同感します。

でも、他でもなく、コピーライティングを駆使しているのは、
この三浦さんなんですね。

まず、セールスレターにおていコピーライティングが駆使されています(笑)

例えばセールスレター冒頭のヘッドコピー、
感覚的に人間が反応する言葉が散りばめれています。

「ひた隠しにしてきた」「遂に公開」「莫大なキャッシュ」「ズブの素人だった」

人が抱える悩みや願望、欲求に焦点を宛てた言葉がズラズラと並られています。
もうコピーライティングのテクニックを使い放題です。

そして三浦さんが追求する「面白さ」とは読者目線を意識した、
ライティング、つまるところコピーライティングそのものです。

コピーライティングの本質は読者の為になる文章を書くことなので、
そこに通じています。

小玉さんの元でメルマガアフィリエイトを学んだ三浦さんなら、
コピーライティングや文章テクニックの重要性はわかっているはずなのに、
敢えてコピーライティングを軽視するようなことを強調するのには、
それなりの理由があると思います。

 

コピーライティングを軽視する理由

わざわざコピーライティングを批判する理由、それは他でもなく、
「コピーライティングに嫌悪感を抱く人」を取り込みたいからですね。

コピーライティングって、難しいと感じる人がたくさんいますし、
聞いただけで、文章術とか心理学、そういったものを学ばなくてはならないと
一定の抵抗感を覚える人がいます。

だからこそ、このセールスレターで「コピーライティング」を打ち出すことは、
避けているんだと思います。

つまりコピーライティングを勉強したくなり、楽して稼ぎたいという層を狙っています。
この業界では、残念ながら「楽して稼ぎたい」と思っている人ほど、
「カモ」であり、教育しやすく簡単にお金を出してくれます。
(以前の私です笑)

メルマガアフィリエイトにおていコピーライティングは必要

メルマガアフィリエイトは、読者様の教育から販売すべてを
「文章」で伝えていきます。

今読者さんは、何の情報を望んいているのか、
読者さんの心にそった、教育、それに伴う解決策としてのセールス。

これらを解決するには、コピーライティングおスキルが必須です。

これは「エンターテイメント性を重視した面白さ」では、
セールスまでには至りません。

 

教材の中身が単なる読みも

この教材は丁寧に、7章構成になっています。

で、「さあ情報発信を始めよう」が5章からになっており、
スーパーアフィリエイターの特徴だとか、
多数のSNSに手を出したり、話が遠回りなところになっています。

あくまで、メルマガアフィリエイトで稼ぐのであれば、
ブログとメルマガが基本ですので、

そうしたSNSとか成功者の特徴などは、
ある程度稼げるようになった後の応用でもいいと思います。

浅く広くな内容のこの教材は「一般的書籍」とさほど大差が無いものだと思います。

 

総評

29800円という価格で返金保証もありませんし、
DRMとコピーライティングなら、私のメルマガでも学べます。

ちなみに私のメルマガで公開してるアフィリエイトノウハウは、
小玉さん以上の実力ある方かた指導をウケた方法です。

気になる方はネットビジネス講座まで

以上参考にして頂ければと思います。

 

柏山