どうも柏山です。

本日は改めて、情報商材ビジネスの良いところをお伝えします。

結構詐欺だとか巷では言われているのですが、
個人的には素晴らしいビジネスモデルなんだけどな、
と思っています。

物販アフィリエイトなら胸を張れるなんて言いますが、
個人的には情報商材アフィリエイトでも十分胸を張れると思っています。

それでは、詳しくみていきますね。

 

情報商材アフィリエイトが楽しい理由

情報商材アフィリエイトって電子媒体を紹介するのがお仕事。

PDFやワード、音声といったソフトなモノを販売していきます。
さてあなたなら、どこが楽しいと思いますか?

これは、私が思う”楽しい”なんですが、
それは、

「自分の好きな情報を発信できる」

ということです。

人間誰しも程度の差はあれ、好きなこと、モノってありますよね?

車いじり、家庭菜園、釣り、読書、映画・・・

こういったことって、実はブログなどで発信するとお金になる
可能性が十分にあります。(書評・おすすめ映画ランキング・ルアー選びなどなど)

というのも、あなたの知っている知識は誰かにとっては、
未知のものであり、需要がある可能性も。

私もずっとネットビジネスに興味があって、
調べ続けていたら趣味のようなものになっていました(笑)
なので今こうした”稼ぐ”系の情報を発信しています。

そして、自分の好きなことを発信していく上で、
これは良い!と思った情報商材を紹介することで、
お金を稼ぐことができるんです。

 

つまりは趣味の延長が、ビジネスになるんですね。

 

ここで、

「自分の知っている情報なんて価値の無い、
ネットに調べればある、書籍でも出てる」

なんてあなたは思っていませんか?

実はそうでもないんです。

あなたの吸収してきた知識って文字に起こしてみると、
有料級なものも混ざっているはずですよね?

それや、趣味をしている内に気づいた独自の工夫方法とか、
あなたの個性を混ぜて記事に起こしていくことで、
あなたが作るブログが、誰かにとって価値あるものとなります。

 

特に入門的サイトを作成し、ターゲットを「初心者」に設定することで、
初心者以上のあなたの情報は、すでに価値あるもに。

 

だから、情報商材ビジネスをするならどんどん、
自分の好きなことを発信していってください。

 

大きく稼げる理由

上述で、情報商材を紹介すれば良い、と言いましたが、
別に情報商材でなくて、書籍や物なんかでもいいんです。

でもここであえて”情報商材”をオススメするのは、
それが大きく稼げるからなんですね。

情報商材って基本高単価なんです。

1つ、1万から2万はザラにします。
その分、アフィリエイト報酬も高いんですよね。
だいたい50%くらいなので、1万円売れば、5000円、
2万円売れば1万円なんてのもあります。

 

ちなみに物販の場合、アマゾンだと2%くらいが主流なので、
1万円分売っても200円くらい。

この差は大きいですよね。

こうしたことから、このブログでは、情報商材ビジネスをすすめているんですね。

せっかく記事を書いても、雀の涙くらいは辛すぎます(笑)

あなたにも生活がありますし、せっかく時間をかけて
情報を発信していくなら、大きく稼いだ方が賢明です。

 

 

ここで伝えたい情報商材ビジネスの意義

情報商材ビジネスって以前詐欺が横行してその名を落としてしまいました。

 

現在でも詐欺的な意味合いで多く使われることがあるんですが、
業界自体は、健全化されつつあります。

なにより情報商材のいいところは、
購入後のサポートがついていたり、
出し惜しみなく情報を出しているところ。

よく書店に売られている書籍というのは、
結構ひどいと思うんです。

著者の長い雑談の後に、さらっと内容が書かれていたり、情報の小出しばかり。
そういった経験ありませんか?
私は、多々ありました(笑)

 

 

書籍自体は、情報商材に比べて安いですが、
ノウハウになってないノウハウ本はそれこそ詐欺だと思います。

たぶん、多くの方が「有形物」という物に価値を感じているんだと思います。

しかし、そうではなくてあくまで内容が大事ですよね。

少々高くてもしっかりとした教材を買った方が時間も、お金も節約できます。
しかも情報商材は、割高な分「返金保証」があったり「サポート」がついているものもします。

 

では、

「しっかりとしたノウハウの書かれた情報商材を、
ブログを通して読者に届けていく」

これって結構意義あるものだと思いませんか?

 

現代社会って、情報格差と言われる程、
情報を知っている人、知らない人で人生の質に影響があります。

 

そういった溝を少しでも埋めて、読者さんの生活を少しでも良くする。

情報商材ビジネスは詐欺だと言われますが、
こうしたことから私は肯定的にとらえてます。

そして意義ある、必要なビジネスだと本気で思っています。

 

最後に

本日は、改めて情報商材ビジネスの良さを伝えました。

実は、この柏山は情報弱者であり、過去に数十万というお金を使っている経験もあります。
それでも、嫌いにならずここまでこれたのは、
やっぱり良いものもあるからですね。

あなたも、もし情報商材ビジネスに挑戦するなら、どうか本日お伝えした、
情報商材ビジネスの意義を思い出して頂けたらと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。