どうも、柏山です。
本日は、ブランディングにおける重要性についてお伝えします。

よかったら最後までお付き合いください。

 

ブランディングするメリット

まずブランディングとは、個人が自らを売り込んで、
その人自身に泊をつけることです。

今有名なところだとyoutuberあたりですね。

やっていることは、結構アホっぽかったり、ゲーム実況だったりと
結構誰でもできることです。

ただ、その人独特のコメント、常人ならやらないようなことをやってのけたり、
その人の個性が全面に出ています。

○○さんだから、見ていて楽しい
○○さんがやると、見てしまう。

私の場合だと弟者さんのゲーム実況が心地良いです(笑)
彼の声は、有名な声優の大塚明夫さんにそっくりなんです。

弟者さんのように、個性で差別化することで多くのファンを獲得することもできます。
youtuberに個性的な方が多いのはそのためでしょうね。

 

さて、我々アフィリエイターにもこの個性が大事で、
自分をブランディングしていかなければなりません。

 

ブランディングを確立することで、ブログを読んで下さる方も
増えていきます。

そしてリピーターさんになってくれたらすごく嬉しいですし
アクセスも安定してきます。

 

どうやってブランディングしていくのか。

ブログという文字本位の媒体では、youtubeと比較して個性を出しづらいのは事実。

ただやはりブログは文字を使うので、そこで個性を出していく必要もあります。

ここでオススメなのが、言葉遣いは統一的にした方が良いです。

「マジこの記事おすすめだかんら、最後まで付き合ってな!」

 

唐突に私が、こんな言葉で記事を書き出したら、
なんだこいつってなりますよね。

いつものキャラと違い違和感を覚えたはずです。
私も自分じゃない気がしました(笑)

 

つまり、あなたのキャラにあった言葉遣いで統一して記事を書いていくべきなんです。人間は一貫性のあるものを好みます。

実はこれ、コピーライティングでも言えること。
筋の通った人間は魅力的なように、あなたも自分の軸をもった言葉遣いをして下さい。

次にキャラ設定は重要です。

私の場合ですと、比較的硬めな文体にすることで若干硬派を気取ろうとしています。

そんなこと言ってしまうと私の硬派イメージがボロボロになりますね(笑)

ただやはり、ブログを読んで下さる方がいる以上、「適当なことは書けない」
そんな想いで書いています。

そのため堅苦しくなっています。

しかしこれもまた、個性だと思います。

アフィリエイターの中には、結構軽いタッチで書いている方も多いですし、

それもまた親しみやすく、ブランディングと言えますね。

あなたのキャラにあった文体を是非とも意識されてください。

 

文体に加えて、その他に、顔出しをしているか、
実名公開なのか、ペンネームなのかという要素があります。

結構ここは疑問に思う方が多いので詳しくみていきます。

 

 

顔出しは必要か

これは議論が昔からなされていますが、私の答えとしてはどちらでも構わないというのが答えです。

というのも私の師匠は、顔も名前も明かさず膨大な額を稼いでいました。

なので諸事情により顔を明かせない場合は、
アバターを作成したり、横顔なんかでも良いかと思います。
あと、後ろ姿とか。

 

そこで、どんな感じなのかキャラを出して行けばいいんです。
明るめのタッチの絵、落ち着いた感じ。

自分に似合ったものを設定するといいですね。

いや、「自分は顔出しをするんだ」そうお考えのあなたは、
それはそれで素晴らしいです。

現在多くのアフィリエイターが顔出しを拒んでいますので、
それはそれで強みになりますし好感がもてます。

いずれにせよ自分に合った方法をお選び下さい。

 

実名か、ペンネームか

ブログに公開する名前、これも悩むところですね。

ただこれもどちらでも構わないというのが実情です。

メルマガを発行するなら、法律の問題もあり実名公開しなければなりませんが、
特にブログのみならばペンネームでも構いません。

特段ペンネームだから売り上げが落ちるなんてこともありませんので。

ただ私の場合はメルマガもしているので、
両方統一したく実名でブログ運営をさせて頂いています。

この理由は、時間を割いてブログを読んで下さる読者さんに
適当なペンネームで対応するってふざけている気がしたんです。
(考えすぎですかね・・・)

 

別に他のアフィリエイターさんを否定するわけではないのですが、
こんな理由から自分の性分に合ったため実名公開にしています。

 

あなたが、ブログを公開する時悩んだら、これもまた自分に合った選択されて下さい。

個人的には、ペンネームばかりのアフィリエイターが多いので、
実名はかなり差別化できると考えています。

ただ、副業やアフィリエイターという職業自体を周りに知られたくない場合は、
実名はやめておいた方がいいです。

私は友人にばれました(笑)

 

最後に

今まで、あーだ、こーだ言ってきましたが、結局は

「自分が吸収したものを、自分の言葉で伝えること」

こうすることで、自分からオリジナリティが生まれブランディングが確立していくと思います。

これを意識して、記事を書いていくだけでも十分オリジナリティ溢れるものになりますので、ぜひとも参考にされてください。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。