どうも柏山です。

本日は、コピーライティングを仕事にしていく、
というテーマでお話を進めていきたいと思います。

コピーライターとしてどうやって仕事を獲得してくのかなど、
参考になれば幸いです。

 

コピーライティングを仕事にする

以前からお伝えしている通り、コピーライターになるには何の資格もいりません。

今の日本は、資格があって、それを優遇して会社に採用される例が多数ありますが、
この構図が成り立たないコピーライターは、一体どうやって仕事を探していけばいいのでしょうか。

 

まず1番に考えられるのは、やはり「就職する」という選択肢。

 

コピーライターという項目でたくさんの求人がかかっています。

ただ一般企業に勤める以上覚悟しなければならないことは、
「コピーライター以外の仕事も回ってくる」
ということです。

1日中パソコンとにらめっこして、文字を打つだけ。

こんな美味しい仕事があることは考えにくいです。

実際に広告を取りに営業にでたり、雑務が回ってくるなんてことも考えられます。

私も最初コピーライターに憧れた時に、そういった企業に就職を考えましたが、
私は純粋に「文章を考える」を仕事にしたい、ということで早々に選択肢から「就職」を外しました。

 

 

就職以外で考えるコピーライター

就職をしないで、コピーライティングで食っていくとなるとやはりその方法は、
フリーランスで活躍するということが答えになるかと思います。

では、フリーランスでどうやって活躍するかというと、これは結構難易度が高いですね。

コピーライティングのコンテストで結果を残すだとか、
会社員時代の人脈や取引先を頂いて独立開業するなどの方法でフリーランスになられている方も多数います。

ただこの記事は、あくまで「コピーライティングに興味がある」方を対象にしているので、
上記のことはあまり現実味がありませんよね。

そもそも、そんなスキルがあったらこのブログを読んでいないという話ですね(笑)

 

コピーライターとししてまずは泊をつける

コピーライターになるには、会社員時代の経験を活かす、何かのコンテストで結果を残す、
このような方法があると上記でお伝えしました。

では、この2つを避けてコピーライターとして食っていく、
その方法はまさにネットビジネスだと思います。

コピーライターというのは、広告の文章で高額の報酬を頂きます。

しかし実績も無く、素人が文章に高単価を設定したところで誰も買ってくれません。

ならば、まずはコピーライティングの知識を身につけて、
それを自分に役立たせていくべきです。

具体的には、

「自分の媒体を所有しビジネスをしていく」

ということです。

ここでの媒体は、ネット上のブログや動画といったとこですね。

要は、コピーライティングのテクニックを使って、
ビジネスでお金を頂くということです。

そうすることで、「あいつはコピーライティングで稼いでいる」という泊が手っ取り早くつきます。

そして、そこで一番コピーライティングと相性の良いビジネスモデルがアフィリエイトです。

アフィリエイトととは、商品を紹介するお仕事。

商品の魅力を広告として伝えるコピーライターにはまさに打って付けのビジネスなんです。
なので、もしコピーライティングの知識を使いつつ、お金を稼いでいきたいと思うなら、
アフィリエイトからスタートするといいかもしれません。

 

その更に先

もしアフィリエイターとして、自分の腕が確かになりコピーもスラスラ書けるようになった、
売上も多くなり泊がついた、という段階に来たら次は、ネットで営業をかけてもいいかもしれません。

企業に直接連絡して、広告文を書かせて下さいとお願いするのです。

またインターネット上には、情報販売を生業とする”インフォプレナー”という方達が存在します。

そんな彼らは、”セールスレター”と言われる商品紹介記事で情報を販売しているのですが、
そのセールスレターの仕事を頂けないか、と問い合わせるのも一つの手です。

 

事実、セールスレターを書けるコピーライターは現在供給不足のため、
あなたの実力がある程度伴っていれば、仕事を依頼されるかもしれません。

 

ここまできたら、あなたはもう立派な”フリーランス”のコピーライターですね。
ここを目指すというのも一つの手かと思われます。

 

私の事例

さて、ここまで「コピーライティングの仕事の探し方」を偉そうに説いてきたわけですが、
柏山自身の事例を紹介したいと思います。

実は事例といってももう上記で紹介済ですが、
今現在は、アフィリエイター兼コピーライターとして活動しています。

特に雇われのコピーライターは、営業や雑務をこなしたくないがために、
その選択肢は外し、類まれなるコンテスト成績なんてなかったので、
まずはアフィリエイターからスタートしました。

そしてアフィリエイター以外にももう一つ、コピーライターとしても仕事を抱えています。

これも上記で説明したのですが、インフォプレナーの”セールスレター”の案件を頂いております。

またクラウドソージングも利用しました。

クラウドソージングについての説明は省かせて頂きますが、
そこで、セールスレター執筆の応募をかけているクライアントさんにも連絡を積極的に取りました。

その時の実績の提示として、このブログも活用しています。

実際メルマガ誘導ページでは、LPを自分で手がけていますし、
そこからリスト獲得、成約にもいたっているわけですから、アフィリエイターでも、
セールスコピーライターのようなことは出来てしまうわけです。

 

以上が私、柏山のコピーライティングの仕事の探し方です。

きっとこの記事を読んでいるあなたは、フリーランスでコピーライターとして活躍するという考えを持って
ここにたどりつかれたかましれません。

それならば、やはり最初の1歩は、「アフィリエイターとしてスタートする」が堅実だと思います。

 

以上参考になれば幸いです。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。