どうも柏山です。

今回は、「屋号」についてのお話です。

現在アフィリエイターで、屋号について調べている方、
どんな屋号をつけたらいいのか悩んでいる方に、

参考にして頂きたい記事です。

 

屋号は必要?

アフィリエイターは、立派な個人事業主です。

つまりお店の社長さんでもあるわけですね。

アフィリエイトを生業として、生計を立て、一定の収入を得ているならば、
「開業届」なるものを税務署に提出しなければなりません。

そして開業届けの欄に「屋号」がありますよね。

まさにお店の名前です。

ここで、どんな屋号にしたらいいのか、と悩む人もいるかと思いますが、
結論から言うと、屋号を特に決めてない場合、面倒な場合は、
屋号を書かず提出しても問題はありません。

 

 

取得しておくと便利な屋号

上記では、特に屋号は書かなくても良いと書きましたが、
実際、事業をしていく上では、屋号は便利です。

例えば、領収証。

アフィリエイターと言えども、セミナーの参加や、
コンサル依頼にかかったお金、または借りているオフィス(アパート代)
インターネット代、オフィスで利用した電話回線代、
自宅オフィスの面積から算出した、按分割合による費用。
アフィリエイトにかかる費用はどんどん経費で落とせるものは落としたいところ。

 

この時屋号が無ければ、あなたの個人名で、
領収証を切ることになります。

 

一方屋号があれば、「屋号」で領収証が切れますので、
申告するときに、「これは会社の費用だ」と大変わかりやすいですよね。

 

また、個人名義の銀行口座を、事業に使う人もいますが、
通常の貯金と混同すると面倒なので、事業用の通帳も作っておいた方が便利です。

 

ただ、屋号の後に名前がくる通帳になってしまうのが、
法人とは異なるところ。

屋号が入った通帳なら、
しっかり個人のものと、そうでないものを分けることができますね。

「アフィコピログ 山田太郎」

というような通帳になるのが普通ですが、
個人名を出したくない、なんかダサい、という印象を持つ方のために

以下の銀行は、「屋号のみ」の口座開設が可能です。

 

 

・みずほ銀行

・三井住友銀行

・三菱東京UFJ銀行

・りそな銀行

 

これらの4つの銀行は、屋号のみで口座を開設することができます。
基本的には

 

・開業届

・本人確認書類

 

基本的、この2点が必要ですが、銀行によって必要書類は違いますので、
各銀行のHPよりご確認下さい。

 

 

屋号をつけるときの失敗例

屋号は、会社の名前であり名前を付ける時、
どうせつけるなら良い名前にしたいというのが、
普通の人の心理じゃないでしょうか(笑)

一方で、あまりこった屋号にすると後々面倒なことが起きます。

例えば英語表記にしてしまった場合。

領収を切ってもらうとき、一苦労するのは目に見えています。

特に、日本人は英語に対して苦手意識が高い人が大半なので、
かっこつけて英語にしたりすと大失敗します。

「copywriting-afiiliater-company」

なんて付けたら、大半の人が、affiliaterなんて書けず、

「カタカナでいいですか?」

ってなるのが関の山。

 

また、英語表記をカタカナにした場合、

「コピーライティング・アフィリエイター・カンパニー様」

と、かなり書くのが面倒です。

法人になれば、また名称も変更できますし、
とりあずシンプルな漢字や、短いカタカナで名前をつけることをオススメします。

 

ただ、漢字も難しい漢字は、英語同様書けない場合もありますし、
画数が多いと面倒です。

名称は、シンプルでわかりやすいもを付けるといいですね。

最近は画数診断のウェブサイトもあるので、

あなたの思いついたシンプルな屋号をどんどんウェブサイトで調べて、
気に入るものを見つけていったらと思います。

 本格的に稼がれているアフィリエイターさんは、
屋号があった方が便利ですし、色々な場面で「お勤め先」を書くケースというのもあると思います。
その他、職業を聞かれる場合もありますし、
決めていて損は無いと思います。
ちなみに私は、屋号を決めて無いばかりに大変苦労したことがありました。
それは交通事故です。
ある日私は高速道路のカーブをいつものスピードで走っていたのですが、
その日は雨が降り始めていて、運悪くスリップしてしまいました。
その後、警察から事情聴取ということで、職業を聞かれたのですが、
その時は、屋号すら決めておらず「インターネット上での販売事業」ということになりました。
このインターネットの販売事業に落ち着くまで、あーだこーだと説明し、
少々苦労したのを覚えています(笑)
警察からも「屋号は決めてないの?」とも言われ、
本当に決めておけばよかったと思っています。
このようなケースは大変稀だと思いますが、社会人として生きていく上では、
職業を聞かれるということは、ごくごく普通のことです。
まだ屋号を設定していないあなたは、ぜひ屋号を取得されることを改めてオススメします。
以上屋号を決める!というアフィリエイターさんは、是非参考にされて下さい。
柏山