柏山です。

今回は、記事を書くにあたって、どれくらいの文章量にすれば、良いのか、
ということについて書いていきます。

記事を書く時の目安にして貰えればと思います。

 

 

結局文章量はどれくらいが適当か

そもそも、これくらいの文章量で良い、という明確なゴールはありません。

1000文字でよければ、それでもいいですし、
2000文字で自分の伝えたいことが終わればそれでいいと思います。

ただ、グーグル的には、

ブログへの「滞在時間」から、ブログ記事の質を見ているようです。

ためになる記事を書けば、読者さんはしっかり読んでくれます。
その分、ブログへの滞在時間は伸びるわけです。

そのため日頃より価値ある情報を届けましょうと私が言っているわけですね。

逆に言えば、適当な記事を書いていると、
読者さんから「つまらない」と思われて、

最後まで読むまえに、戻るボタンやページのバツボタンを押されてしまいます。

なので、文章量以前に、

記事の質にもこだわって下さい。

 

 

文章量も影響してくる

上記では文章量以前に、質を大切にして下さいと言いましたが、

質の高い記事を書けば、結果として文章量はおのずと増えます。

これはどういうことかというと、

記事である主張を述べる際、その主張には根拠を伴わなければなりません。
そうでなければ、「上っ面」な文章になり、まず読者さんに信用されないからです。

つまり結果的には質の高い文章を書こうとすればするほど、
その文章量は比例するわけですね。

 

文章が長くて、興味をもってくれた読者さんは、
どんどん読み進めてくれます。

 

そうなると、ブログへの滞在時間が伸びて、グーグルから、

「このブログは質の高い記事をアップしている」

と評価されるようになり、いずれは上位表示も夢ではなくなります。

 

 

長すぎは考えもの。

さて、文章量はあった方がいいとお伝えしていましたが、

流石に、長すぎるのは考えものです。

個人的には、ブログ1記事に5000字とか書かれていたら、
最後まで読む気になりません。

いくら価値ある情報だと思っても、「長いから後で」として、
そのまま放置される可能性もあるわけです。

こういう観点からいくと、文章量もある程度「読者フレンドリー」でなくてはなりません。

そもそもブログという媒体は、何記事でも記事をアップできるわけですから、
1記事に大量の情報を詰めこなくてもいいんですね。

 

なので、ここでポイントとして欲しいのが、

1記事1メッセージ。

これはとても有名なフレーズですが、まさにこれです。

仮に、この記事で「長い文章の書き方」なんて講座をスタートさせたら、

読者さんは飽きてこのページを閉じると思います。

 

記事を1つ仕上げる際は、まず何を伝えたいか、主題を1つ決め手、
そのテーマについて掘り下げていった方がいいですね。

 

目安として

ただ目安としては、「1000文字以下」は好ましくないですね。

ここまで読んで頂いてるあなたなら、1000文字以下になる、

なんてことは考えにくいですが、500文字とか800文字などは
避けた方が良いです。

そもそも1000文字以下だとブログの滞在時間はそんなに伸びませんし、
主張や考えに伴う根拠も書く余裕がなくなると思います。

 

ちなみに柏山の場合、毎度記事を書いていると、2000文字前後で落ち付きます。

この2000文字という数字は、人間が1度に集中できる時間の文量でもあるそうなんです。

 

たぶん私の場合は2000文字書いた時点で疲れた結果、
そこで落ち着いてるのかなと思います(笑)

ただしっかりと伝えたいことは伝えてますよ!

 

また2000文字以上書くと記事にオリジナリティが出ます。

 

普通に考えれば至極当然のことなのですが、

短文なブログであればあるほど、他人との記事がかぶりやすくなるんですね。

 

短文だと要点だけしか伝えられないので、
他人と文章がにかよるわけです。

 

しかし長文にすることで、自分なりの意見、考え、主張、根拠、所感が入ります。

これは、自分なりのものなので、
他の記事と差別化することができるわけです。

 

コピペが大嫌いなグーグルからしてみれば、

オリジナリティあるブログは重宝されるので、
あまり短文になりすぎないようにしてくださいね。

もっとも文章力の洗練された人は、短文でも効果的な記事を書けます。

 

たまに有名コピーライターさんのブログを拝見するんですが、
記事は短文なのに、

自分の考えと要点をしっかりまとめています。

 

ただこのレベルに到達するのは非常に厳しいので、

まず初心者の内は、1記事、1メッセージ。

またそこに、感想や主張、根拠を入れていくことでオリジナリティを出していって下さい。

 

文章の質を落とさず、ある程度文章を書く。

これが理想ですが、まずはじめは2000字を目安として書くこともいいかもしれません。

その上で質はどうかチェックするのも手ですね。

 

とにかく継続して、書くということを怠らなければ
自然に質の高い文章は書けるようになります。

日々努力してきましょうね。

 

以上は、あくまで目安ですが、参考になればと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

柏山

 

P.S

 

この記事の文字数は2046文字です。