柏山です。

本日は、少しだけアニメと情報を絡めてコピーライティングについてお伝えします。

ところであなたは、

「進撃の巨人」
というアニメをご存知でしょうか?
結構話題になったアニメですよね。
一時期はよくテレビで出ていましたが、最近は見なくなりましたが。
「興味が無い!」という方は、以下の説明は飛ばしてもらって構いません。

 

 

では、簡単にアニメの内容を説明しますね。

人類の敵は、人間のような姿をした「巨人」が相手、という物語。

そして人類は、そんな巨人から身を守るために、
高さの違う壁を構築するんです。

壁が1つ壊されても大丈夫なように、人類は、「3つの壁」を築きます。

さて、ここでコピーライティングのお話なんですが、
人間の心の中にも進撃の巨人のような「3つの壁」が存在しています。
この3つの壁を超えてはじめて、成約が待っているわけです。
(巨人でいえば全人類の捕食でしょうか)
ぜひあなたもコピーライターとして「巨人」となって、読者の「心の壁」を

超えて捕食して下さい(笑)

この壁の超え方を知っている、知らないとでは、

大きな結果の差が待っています。

 

 

 

コピーライティング1つ目の壁「読まない」

まず、ブログであろうが、メルマガであろうが、
読者さんは、必ずしもあなたの媒体を読んでいるとは限りません。
読者さんも暇ではありません。

読者さんにも、仕事、プライベート、休息、などなど
たくさんやるべきことがあります。

そんな中で、彼らの忙しい生活の中から時間を割いてまで
読んでくれる人は極小数です。
もちろん私のブログやメルマガも全員が全員、読んでいるわけではありません。

訪問してすぐ閉じる、購読してくれているのに、フォルダに溜まりっぱなし。

こんなこと普通にありえます。
トップアフィリエイターも然りです。
つまり、読者さんは「読まない」という前提の元
記事やメルマガを書いていかなければいけないということです。
では、どうしたら読者さんは、あなたのコンテンツに
熱心に目を通してくれるか、

そういった観点から行動していく必要がありますね。

 

では、どうしたら読者さんが、あなたのコンテンツに目を通してくれるか、
それはやはり「価値ある情報を提供していく」ということになります。

あなたが、発信する情報を興味を抱く人、つまりターゲット層に
受けのいい情報を書いていく必要がありますね。
美容ブログなのに、内容は恋愛ブログでは意味ありませんからね。

的確に、読者さんが必要としている情報を発信する、これを心がけて下さい。

 

コピーライティング2つ目の壁「信用しない」

読者さんは、そう簡単にあなたを信用しません。
現実世界でも初対面の人間をすぐに信用する人は稀ですよね。

リアルな世界でもそうなのに、ネットの世界ではもっと難しいです。
では、どうしたら読者さんと信用、つまり信頼関係を築いていけるか。
それは、最初でもお伝えした、
「価値ある情報を提供する」

ことです。

あなたが、発信した情報が読者さんのためになれば、
絶対に信頼してくれます。
ただ、価値ある情報を提供することは、あくまで基本です。
これからもっと信頼関係を築く方法があるんです。
それは単純接触効果を利用する方法です。
単純接触効果ととは、人は人と会えば会うほど
その対象に対して好意的な印象を持つということ。
これは、別にリアルな世界でなく、2次元の媒体でも可能です。

メールを送り合う、ドラマの主人公を好意的な目で見ていく、
最初は微妙だった芸人が、どんどん面白くなる、

などなどこのような効果があります。
では、私たちアフィリエイターがこの単純接触効果を利用するには、
どうすれば良いか。
それは、このメルマガでも私がお伝えしている「メルマガアフィリエイト」です。

メルマガアフィリエイトなら、普段からメルマガを読者さんに配信するため、
少なからず毎日読者さんと接点を持ちますよね。

つまり、あなたが、このメルマガを「読んでいてくれているなら」
単純接触効果が少なからず現れているはずです。
最初登録した時より、私の文を好意的に読んでくれていますよね?
そう私は信じたいです(笑)

 

つまり、信頼という手段を獲得するためにメルマガアフィリエイトは非常に有効だということですね。

その他にもTwitterで、自分なりの意見を発信し、
読者さんの目に毎日留まれば、それも単純接触効果を期待できます。
そういった意味でもTwitterを活用されて下さい。

 

コピーライティング3つ目の壁「行動しない」

さて、3つ目の壁は「行動しない」です。

いくら信頼関係、信用関係があっても
人間は行動しないものです。
早くシャワーを浴びればいいのに、グダグダとテレビを見たり、
締切りまでに余裕があるのに、前日に仕上げたり。
とにかく「動かない」もの。
ちなみに上記は、私の例です(笑)
またお金を使うこととなれば尚更。
ではどうしたら行動してもらえるか、というと

それはコピーライティングのテクニックで
欲求を刺激してあげるということ。
そして、その結果どんなベネフィット(利益)が読者さんの
未来に待っているかそれをイメージさせてあげて下さい。
こうすることで、行動の動機を与え、
行動しやすくなります。
また、コピーライティングのテクニック、希少性、限定性を使うことも
効果的です。

人間は、限定的なもの、もう手に入らないものを目の当たりにすると
行動しやすくなるものです。
そのため、あなたが読者さんに行動してもらい時、
この希少性、限定性を出すと効果的。
事実、私のメルマガ読者には「限定性」を使いメールサポートをしています。

また無料レポートも配布しています。

 

総括

 

コピーライティングには、「読まない」「信用しない」「行動しない」

の壁が存在している。

この3つの壁を乗り越えて、はじめて読者さんは、
あなたの商品を購入してくれる。

以上参考にして頂ければと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
柏山