どうも柏山です。

私のブログでは、メルマガを使って商品を紹介する、
メルマガアフィリエイトの手法やコピーライティングの手法をお伝えしているのですが、

メルマガで商品を紹介する場合「特定電子メール法」というものが関係してきます。

結構これを気にしている方もいらっしゃるかと思いますので、
この記事を参考にして頂ければなと思います。

 

 

特定電子メール法で住所、氏名は公開しなければならない?

個人の所感とか日常の雑記とか、営利目的が無いメルマガは、
この特定電子メール法の規制対象にはなりません。

一方で、もしあなたがメルマガでアフィリエイトをしていくというのであれば、
十分「広告・宣伝」に当たりますので特定電子メール法の規制対象になります。

つまりメルマガアフィリエイトをするには、住所や氏名、会社名、電話番号の公開、
あとは、広告が入っている趣旨を配信前に伝えること、
解除フォームなどをしっかり設置していることが前提になります。

 

 

特定電子メール法の背景と実情

そもそも、なぜこんな法律が出来たかというと、
それは単にスパムメールが増えたからです。

解除フォームもなしに、メールをどんどん送りつける業者が後を絶たず、
こうした法律ができたのですが、

実情としては、スパム業者は残念ながらまだいます。

そして現状としては取り締まれていないのが実情です。
というのも、迷惑メールなんてきてもメアドを変更するか、
ブロックしてしまう、受信拒否設定を強にするなど、
個々人で対策が取れるからだと思います。

またスマホの普及で「キャリアメール」の割合が減少してきているので、
スパムメールを意識する人も減ってきているはず。

なので、スパム業者に対して、「訴訟を起こそう」という人はほとんどいないのではないでしょうか。

それこそ、スパムメールが発端で大きな損害が出て、
大多数の人が動けば警察も動いてくれるかもしれません。

しかし、なかなか受信したメール1本で損害が出ることは難しく、
例え個人で警察に行っても相手にされないのが実情だと思います。

 

つまりメルマガアフィリエイターが仮に住所を記載していなくても、
さすがに「捕まる」ということは考えにくいわけです。

「じゃあ表記しなくていいの?」

というお声を頂きそうですが、日本に住んでいる以上日本の法律は適用されますし、
住所などは「表示義務」です。

でも大半の人が守っていないところを見ると、
「グレーゾーン」な感じにはなっていますね。

結局は個人の”自己責任”ということになるわけです。

 

 

そもそも論として

そもそも、この特定電子メール法の目的はスパムメール対策を目的としたものです。

なので、あなたがメルマガアフィリエイトをする上で、

毎通アフィリエイトリンクを飛ばすとか、無料オプトインをバンバン送りつけるだとか、
それこそ「スパム」的なことをしていたら、訴えられてもおかしくありません。(可能性は低いですが)

ただ、ちゃんとメルマガアフィリエイトをやっている人って、

LPを作って、読みたい人だけに、名前とメールアドレスを入力してもらって、
登録してもらっていると思います。

何もこちらから違法に収集したメールアドレスにメルマガを配信するわけではないので、
訴訟を起こされる可能性はほぼ皆無。

まあ、読者増サービスなんか使えば、「迷惑メール」と勘違いされることはあるかもしれませんが、
ちゃんとオプトインページから読者さんを取る分にはさほど問題はないかと思います。

あなたのメルマガを読みたいから登録する、というスタンスの人が来るので、
わざわざ登録して、スパム認定してやろうという人はほぼいないわけです。

 

つまり「価値ある情報」をしっかり提供して、
読者様の利益につながること、あとは個別でメールが来た場合など、
誠心誠意対応するなど”当然”のことをしていれば、さほど問題は無いわけです。

 

 

どうしても住所を公開したく無い場合

名前の変更はききませんが、どうしても住所を公開したくない場合は、
レンタルオフィスを利用されるといいかもしれません。

月額1000円以下で住所を貸してくれるので、
表示義務の問題はクリアです。

地方にいても東京の住所を借りることも可能です。

お金に余裕のアフィリエイターさんであれば、
別に事務所を借りてその住所を記載したり、

コアワーキングスペースなんかを借りて、その住所を使わせてもらうのも良いかと思います。

 

 

メルマガアフィリエイトをはじめよう、すでに実践している、という人は参考までに。

 

柏山