どうも柏山です。

アフィリエイターにとって避けてては通れない道、
それは「文章を書く」ということです。

特にロングテールを狙ったサイトや、
私のように情報発信ビジネスでお金を稼いでいこうとする人は、
文章を書いていくことに加え、記事数も増やしていかなければいけません。

いい記事がたくさんあればあるほど、そのブログの価値ががるのが、
事実なんですが、

今回は、その記事を作成していく段階で「時間制限は設けるべきか」というテーマで、
お伝えしていきます。

1日1本も記事がかけない、記事を書いていたら2時間も3時間もかかっていた・・・

そんな人はぜひ参考にして下さい。

 

 

記事執筆に時間制限を設けるべきか?

人間ってのは、期限が曖昧だったり、期限が遠い先にあれば、
極力「先延ばしにしよう」という傾向があります。

もちろん、出された課題を迅速にこなす人もいますが、
大方の人は結構先延ばしにしてしまうのではないでしょうか。

 

目の前の時間が自由に使えるのであれば、
自分の自由時間を優先する方がいいですよね(笑)

さて、私も夏休みの宿題とか、8月下旬にやっていたのですが、
人間は締め切りが無いと行動しないという心理を持っているのは事実です。

 

じゃあそこで、行動するために「締め切り効果」を持たせましょう、
という記事もよく見かけるものとなりました。

要は、自分で時間を区切って制限を設けて行動していく、
というものです。

アフィリエイターであれば、1時間以内に記事を1本仕上げるぞ、
という感じです。

 

最初の15分はリサーチ、残りの45分は必要な情報を追加しながら、
記事を書いていく。

こんな目標も立てられるわけです。

で、これは個人の所感なんですが締め切り効果ってのは、結構有効です。

 

自分の立てた目標通り行動できれば、それだけ達成感を得られますし、
課題もスムーズに終わっていきます。

 

達成感があり、かつやらなければいけないことも終わる。

結構気持ちいいです(笑)

ただ私としては、アフィリエイト記事執筆において、
自分の実力以上の時間制限は設けない方がいいと思っています。

 

 

 

実力以上の時間制限は「絶対やめた方がいい」

記事執筆にあたり、自分が記事を作成できる時間制限は、
ある程度余裕をもたせたほうがいいです。

 

なぜなら、記事を量産したいからといって、
短い時間で記事を書き上げていっては、

最悪な結果として「記事の質が落ちる」からです。

例えば、記事を1本の作成に絶対1時間かかる人が、
30分を目標に記事を作成した場合、質が落ちるのは当然です。

 

「時間以内に記事を作成しなくてはならい」

時間を設けたばっかりに、意識の中には若干の「雑さ」が出てしまうのは、
避けられないのではないでしょうか。

 

で、その「雑さ」を含む記事が量産されていった結果どうなるか。

結果としてブログの価値は低くなりますし、
読者さんも必ず感づきます。

 

実は、ブログを読む読者さんって
「文章を読むこと」に長けている人ばかりなんです。

多くのブログをチェックしているでしょうし、
SNSなどの普及で文章コンテツに触れる機会が一掃増えました。

 

だから常に読者さんは「シビアな目で見ている」という意識の元、
文章を書くことが必要になるわけですね。

 

締め切り効果は、自分に利があっても、
読者さんからしたら利が全くないわけです。

 

締め切り効果で作られた「雑なコンテツ」より、
悩んで悩んで作られた「良質なコンテツ」の方が読者さんも読みたくなるはずです。

 

 

もちろんアフィリエイターサイドとしては、
締め切り効果を使って、どんどん記事を仕上げていきたいという気持ちもわかりますが、
それよりも「読者さんが1番」を考える方が、

長期的にみても必ず「対価」として返ってくる可能性が高いです。

 

 

練習すればどんどん速くなる

で、現状において速く記事ができないって人は、
とにかく「文章を書く」ということを諦めないで欲しいと思います。

私の場合、1年間同じブログで情報発信を続けていますが、

記事を書くスピード、そしてその質は、1年前のものより、
上をいっていると自負しています。

 

昔は2000字書くのも2時間とかかかっていましたが、
今は、30分で2000文字です。

 

とにかく書くことで、スピードや質の向上が期待できますし、
これは間違いありません。

私は他人のブログをよくチェックしていますが、
駆け出しのアフィリエイターさんのブログが、どんどん良くなっていくのを
何度も見てきました。

やはり自転車と一緒で、「練習すればできるようになる」のが
文章作成だと思います。

 

もしあなたが「締め切り効果」を狙って時間制限を設けるのであれば、
身の丈にあった時間制限を設けるべきだと私は思います。

記事を1本書くのに2時間かかるのであれば、
1時間50分くらいでしばらく練習する。

 

速く、そして満足いくものができたら、どんどん短くしていくイメージです。

ただ、そんなもの意識しなくても書いていけば、
自然と速くなるので、「とりあえず書くこと」

そしてその際は「質を意識すること」が大切です。

 

あくまで締め切り効果は目安にすぎず、
指標として捉える程度でいいと思います。

質を意識してタイムオーバーしても、それがあなたの「実力」ですから、
それを受け入れて、あとは数をこなしていくだけでもっと速く、
いい記事を書けるようになると思います。

 

じゃあここで「質を意識しすぎて全然書けない」という人もいらっしゃると思うので、
その辺は「アフィリエイトで成功するための重要過ぎる考え方」を読んで頂けたらなと思います。

 

それでは以上何かアフィリエイト活動の参考になればと思います。

 

柏山