どうも柏山です。

今回は、インフォトップランキングにランクインしていた、
「バブルアップ記事メーカー」

という商材についてレビューしてきます。

正直自動系のツールは、うんざりというか、
否定的な目で見ていたのですが、
その中でも、このツールは、まだマシかなーと思えました。

しかしそう思う反面、このツールわざわざ使う意味あるの?
とすら思ったので、その辺の所感も紹介できればと思います。

ではレビューしていきます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

販売業者:山本弘

運営統括責任者:山本弘

所在地:静岡県静岡市清水区船原1-194-2

販売URL:http://bubbleupmaker.com/

販売価格:14800円(税込み)

 

 

どんなツール?

これまでの自動記事作成のツールは、
コピペしてきた文章の単語を入れ替える、
RSS(ブログの更新情報をまとめたもの)を、そのまま投稿する、
といった、Googleから完全に嫌われるツールでした。

一方このバブルアップ記事メーカーは、そういったことは一切しません。

まず、自分の書きたい記事に関するワードを、
ツールに入力すると、
それに関連するワードがどんどん出てきます。

その出てきたワードを利用し、入力していく、というものです。

つまり、記事自体はオリジナルで作成していくのですが、
(ここはあなたが入力していかなくてはなりません)

入力途中で、拾ったキーワードを提示していくれるので、
そのワードをどんどん利用していけば記事が簡単に書ける、
という優れものです。

 

・・・と文章で書き起こすと大変わかりにくいので、
百聞は一見に如かずで、以下の動画を見てみて下さい。

 

 

複合キーワードを利用していくので、まあ記事は書いて行けそうですね。

でも、まあこれはこれで問題があるんです。

 

 

 

複合キーワードで作る記事の問題点

基本的にGoogleは、記事タイトル、記事内に含まれるワードを分析にして、
上位表示するか、しないかを決めています。

iphoneの不具合記事を上位表示させたいなら、

もちろん記事タイトルには、「iPhone 不具合」というワードを必ず入れないと、
まず上位表示はできませんし、記事内にも同じワードを含めなければなりません。

タイトルはiPhone、不具合でも、中身が他のスマホの紹介では、
読者さんの為となる記事にはなりませんから。

ただ、ここはポイントなのですが、記事内にそういったキーワードは、
自然に入れていかなければいけません。

必要以上にGoogleを意識して、

 

iPhoneは、不具合がでますよね。でもiPhoneの不具合って、

何が原因なんでしょうか。不具合が出るってことは、iPhone….

 

という感じでキーワードを散りばめると、
返ってSEOを意識していると思われて、
上位表は程遠くなってしまいます。

だから、自然に使うレベルでキーワードは使用していかなければいけないんです。

 

さて、一方このツールでは、そすした複合キーワードを利用して文章を作成していきますよね。

常にキーワードを利用して書いていくので、
必ずキーワードの出現率が高くなり、
最悪、Googleから評価を受けない記事になってしまうことも。

 

結局自分で書いた方が速い

提案されたキーワードを思考停止状態で入力し、
自分の記事を作ったっていっても、それはどうかと思います。

結局、過度にキーワードを散りばめることになりますし、
そもそも自分で文章を入力していかなければいけないとなると、
もう自分で調べて記事を書いたを方が速いんじゃないの?

と思います。

 

自分で書いた方がより自然な記事も出来上がりますし、
記事を書くリサーチの段階では、自分の知識補充にもなります。

知識の幅が広くなれば、記事はスラスラ書けますし、
そうした実力をつけずして、ツール依存のアフィリエイターは稼げないと思います。

そもそもがっつり稼いでいるアフィリエイターは、
ツールなんて使ってませんし(笑)

そんな人の紹介する商品なんて絶対買いたくありません。

まあ、アドセンスでこのツールは利用できるかもしれませんが、
そもそもSEOを意識した記事なんて読みにくいと思います。

だって、関連キーワードばかり使われているんですから。

そこを回避して、自然にキーワードを散りばめる、なんて戦略もありますが、
もう、そこまで考えるんだったら0から自分で記事を書いた方が早いですよね。

 

記事が書けないは言い訳

よくこうしたツールは、記事が書くのが苦手な人を対象に販売していますが、

そもそも「記事が書けない」ならアフィリエイターは向いてないと思うんですよね。

アドセンス、物販アフィリ、情報商材アフィリ・・・

どのアフィリエイトにも共通していえるのは、
「文章を書く」
ということです。

 

アフィリエイトは文章コンテツ提供業ですから、
記事書けなければ、ビジネスとしてはやっていけません。

弁護士資格が無いけど、弁護士したい。
医師免許無いけど、医者になりたい。

こんなの普通じゃまかり通りませんよね。

アフィリエイトだって程度は違えど、同じことなんです。

アフィリエイトやってる(もしくはやりたい)けど記事が書けない

文章コンテツという価値を提供して、初めて対価として、
お金をもらうのに、それができない。

だから、ツールに頼ってお金を貰おうとするのが、
甘いんですね。

今、記事を書けない人に苦言を呈していますが、
あなたが、利用者サイドだったら絶対嫌だと思います。

ツールで作られた文章なんて見せられても・・・

となりませんか?

 

 

記事を書くコツ

もし記事が書けないと悩んでいる方は、
とりあず「書く」しか方法は無いと思います。

最初は500文字すら苦痛です(笑)

これは私も通ってきた道なのでよくわかります。

でも記事ネタを調べて、良い情報をピックアップして
あなたの主観を織り交ぜていけば記事は書けると思います。

最初は500文字の記事をどんどん書いてみて下さい。

そして100字、200字と字数を増やしていくんです。

私は、そうしてコツコツ文章量を伸ばしてきましたし、
今では2000~3000字程は普通に書きます。
(きっと多くのブロガーさん、アフィリエイターさんがそれくらいは最低書いてます)

 

突然2000から3000字書くのは無理でも、
コツコツ実力を付けて字数を増やすことは可能ではないでしょうか。

主張に対する根拠、具体例、経験談、感想。
これらを織り交ぜるとオリジナリティがアップしてGoogleからも評価を受けますし、
文章量も増えるので、ブログへの滞在時間もアップします。

以上参考にしてみて下さい。

 

 

総評

結局、自分で記事を作成しなければいけませんし、
SEO的にも、あまりよろしくないと思いますので、
このツールはオススメできません。

購入を検討している人は、こうした「小手先」なものは諦めて、
自分で記事が書ける「真の実力」を身につけた方がいいと思います。

偉そうにすみませんでした(笑)

以上、参考にして頂ければ幸いです。

 

柏山