柏山です。

今回は、アクセス解析、そしてブログサイドの活用方法について、

自身の経験を踏まえてお話していこうと思います。

アクセス解析を有効に活用できれば、様々な対策が可能になります。

これを機会に、まだアクセス解析を導入していない初心者さん、
導入はしているが、数字を眺めているだけにすぎなアフィリエイターさんは、
ぜひ参考に。

またメルマガアフィリエイターで読者が取れていない人向けに、
その指標を後半に示させて頂きました。

そちらも併せて参考にして頂けたらなと思います。

 

アクセス解析設置の意味

本格的に、アフィリエイトを取り組んでる方の多くのが、
アクセス解析を導入されているのでは無いでしょうか。

ただ、その中には、昔の私のように、日々のアクセスの増減を見るに、
留まる方もいるのでは無いでしょうか。

ただ、それだけでは非常にもったいと思いますので、
これを機会に、「特に対策に取り組んでいない」という方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。

まずどこをチェックすべきか

アクセス解析を見るに当たって、まず一番にチェックすべきは、
ページのUUとPVです。

UUとは、ユニークユーザーの略で、純粋にサイトにアクセスしに来た人です。

そしてPVとは、そのユニークユーザーが見たページ数のトータルです。

例えばユニークユーザーが100人。

一人あたりが、平均2ページ閲覧したとしたら、
PVは200になります。

 

このUUとPVの差が大きいほど、サイトをよく巡回していることになります。

PVをUUで割った時の数字が大きければ大きいほど良い、
ということですね。

というのも、差が大きければ、それほどユーザーがサイトを巡回している、
ということです。

巡回率が高ければ、そのブログコンテンツはよく読まれているということなので、
Googleから高評価を貰い、検索ページにおいて上位に表示されやすくなります。

とまあ、アフィリエイターの方にとっては普通のことを話ているのですが、
初心者の方ほど、さほどここを意識していないように思えます。

なので、関連する記事があれば、積極的にリンクを貼り、
ブログ内を巡回させるように心がける必要がありますね。

また、記事内にURLを貼るだけではなく、関連記事を表示させる、
サイドバーに記事コンテンツを貼り付けると、

とにかくサイトの中をグルグルと、読者さんに周ってもらうよう工夫しなくてはなりません。

リアルビジネスでも、店舗の中を巡回しやすいよう
商品整列するのと同じで、ブログの中でもオススメコンテンツを、
どんどん巡回してもらえる工夫が必要です。

 

ちなみにこれは余談ではありますが、
Googleは、Google関連のサービスをサイトに盛り込むことを良しとします。
つまり、アクセス解析に用いるのはGoogleアナリティクスがベスト、
というわけですね。

ちなみに私は、アナリティクスと忍者アクセス解析を併用しています。

トレンドアフィリエイト時代より忍者の方はお世話になっていますし、
個人的に慣れているだけなんですが。

このブログでは、そんなに高度なSEOまでは立ち入りませんが、
そうしたGoogleのサービスを利用すると良い、ということは覚えておいて損は無いと思います。

なのでYoutube動画を埋め込むとか、ウェブマスターツールを使うとか、
特に初心者の内はサーチコンソールを積極的に使い、記事をインデックスさせていくとか、
色々とGoogleのサービスを利用してみて下さい。

サイドバーを活用してみたら

私のサイトは以前、サイドバーは、カテゴリやアーカイブなど、
まさにテンプレートのような状態でした。

記事ごとにリンクを貼ったり、下部には関連記事なんかも表示させているので、
さほどサイドバーを重視していなかったんですが、

アクセス解析を見ると、どうも巡回率がアップしない。

PVをUUで割った値が2以下がザラで(つまりほとんどの人が1ページしか見てない)

滞在時間もさほど伸びていませんでした。

ということで、サイドバーに需要が高そうな記事を並べ、
カテゴリへ誘導するように記事を設置したところ、
最近では2ページ以上、良い時で3ページは読まれるようになりました。

サイドバーの記事を設置することは結構効果的ですね。

検証のつもりでやってみましたが、
思うように成果が出てよかったと思います。

ぜひあなたも、PVが伸び悩んでいるという状態であれば、
本日のお話を参考にして頂ければと思います。

その他アクセス解析の活用法

アクセス解析を利用することで、一番読まれている記事というのがわかります。

ページ別にアクセス数を見ることができますからね。

つまり一番アクセスが流入していきているページ程、
関連リンクへしっかりとアクセスを流す工夫が必要です。

そこで読者さんを逃してしまっているのであれば、
非常に勿体無いことですからね。

無理に他ページへ紐付けする必要はありませんが、
関連度の高いページがあれば、積極的にリンクを貼るべきです。

 

あなたがメルマガアフィリエイターであるならば・・・

もしあなたがメルマガアフィリエイトを実践しよう、もしくはしているが、
今だに結果が出せていない、

というのであれば、一度アクセス数に占める、オプトインページへの割合を
計測してみては如何でしょうか。

もし、誘導率が極端に低い場合は、そこを改善していくことで、
読者数が増えますし、結果として稼いでいくことも可能になります。

ちなみにオプトインページへの誘導率への合格ラインとしては、
アクセス数に対しては2~3%。

 

100アクセスあれば、2~3人、1000アクセスあれば、20人から30人が合格ラインです。

もちろんこれはあくまで目安的な数字ですが、

とりあえず現状、ブログ集客においてアクセスが100にも満たないという場合は、
改めて集客を作業に専念されていくべきだと思います。

殊に情報商材系アフィリエイターの中で、集客に苦しんでいる、
という方は下記の記事も併せて参考にされて下さい。

情報商材アフィリエイトにおいて質の高い集客をする方法

 

以上参考までに、アクセス解析、サイドバーの活用法でした。

 

柏山