柏山です。

情報商材レビューをするにあたって、
最近Youtube系の情報商材をレビューすることが多くなりました。

情報商材業界、特に、インフォプレナーがYoutubeというフロンティアに
目をつけたのでしょうね。

一昔前は、ブログであり、次第にSNSといった感じで、
新しいものを「マネタイズ」するのがこの業界の常みたいですね。

だからYoutubeは新興市場なのだか稼げるという認識を持つことは危険ですよ。

では早速レビューしていこうと思います。

 

販売責任者:高瀬昌弘

教材名:Adtuber

販売URL:http://www.aucfree.co.jp/infotop/adtuber/

住所:神奈川県横浜市中区弁天通2-29カツヤビル7F

 

ツール要素が強い

最近よく見かけるYoutube系の情報商材というのは、
基本的に他人の動画を編集してアップするというものですが、

このアドチューバーは少しツール要素が強いようです。

というのも、自動で動画を作成してくれるようなんですね。

その動画の元ネタは2ch。

まとめサイトのスレをそのまま動画として作成してくれるそうです。

 

トレンド✕Youtube

トレンドの威力とは恐ろしいもので、うまく記事がヒットすれば、
1日で数万円は初心者でも稼げていまいます。

 

今回この教材でも、トレンドを意識した使用になっていて、
トレンドの話題も動画としてコンテンツ化するみたいですね。

トレンドを意識しているので、検索数が伸びているワードというものを
自動でピックアップしてくれるようです。

 

例えば、大物芸能人の離婚騒動について、
個人名の名前が急上昇すれば、それを取り上げた2chのレスを
まるごと動画にするようですね。

よくまとめで、「〇〇の離婚した結果」とか「◯◯破局でバッシングの嵐」

などスレを見かけますよね。

そういったものを動画としてアップ。

トレンド性があるので、再生回数は伸びることが予想できます。

 

またまとめサイトだけでなく、普通のニュースサイトの記事を参考に、
普通の記事を自分で作成してアップすることもできます。

 

 

違法性に関して

 

さて、動画の元ネタである、2ch.scは、新2chとして現在存在しています。

アドチューバーの主張曰く、
しっかり転載していることを記載すれば問題無いとのこと。

そして、現行ひろゆき氏が運営する、2ch.schにも、転載に関して以下のような内容が載っています。

 

「転載時には2ch.scにリンク張ってね。」
2chの権利を正式に保有して運営しています。

引用元:http://www.2ch.sc

 

つまりは、転載元であるスレのURL記事を明記すれば、
問題がないとのこと。

 

ただ、もっと根本的な問題が広がっています。

それは、そもそも2chに上げられているスレ自体が、
著作権無視でニュース記事をアップしているということ。

それをさらに使用する場合は当然ですが、違法となります。

ニュースを2chで無断転載したからといって、著作権が、
2chに移動するわけではありません。

 

なので、もし2chのスレからまとめ動画を作るならば、
ある程度自分でニュース趣旨を書きなおしてから、
動画を作ることになります。

その上で、そのニュースに反応する2chユーザーの個人的な反応を
転載することは何ら問題ないかと思います。

 

下手をすると違法性を帯びますのでご注意を。

もっとも捕まるということはないのですが、

2016年6月現在、人間による動画投稿サイトの監視が始まりました。

まだ1人で、その対処は「ほぼ」無理だとは思いますが、
あまりにも著作権侵害が大きれば、人員増強などの手段もあると思います。

そうなると、いくら動画を作成してもYoutube側から削除をうけたり
同一アカウントでの投稿の規制がかかることも予想されます。

 

ビジネスと呼べるかもわかりませんが、
今後やりにくくなるビジネスであることは間違いありません。

 

 

ここが微妙

 

私が微妙だと思ったことはTwitterとの連携機能。

 

確かにSNSで拡散してくれることは便利で良いのですが、
そもそもTwitterという媒体を育てておく必要があります。

Twitterのフォロワーさんが少なくては、
拡散もアクセスも見込めません。

 

逆に言えば、一定数自分のファンであるフォロワーがいれば
アクセスは見込めるかと思います。

そしてもう一つ微妙だと思った機能、それは
海外のトレンドサーチもしてくれるということ。

セールレターでも「話題性のある英語コンテンツを作成できれば」とありましたが、
まず英語コンテンツなんて日本人は簡単に作れないと思います。

7割の日本人が英語をしゃべれないのですから、
文字媒体のしっかりした文法で動画作成なんて一部の英語の得意な人だけです。

また「英語圏の内容を日本語化して」との趣旨もありましたが、
これもまた微妙です。

 

海外の需要が日本ウケするのは、難しいでしょうし、
これも翻訳という言葉の壁が待っています。

基本的に、スレを動画化する機能、しか使えないと思います。

(英語が使えて、かつ日本人ウケする海外動画を把握できる方は別です)

 

 

以上のようなことからこの教材はオススメできません。

そもそも他人のコンテンツを拝借してお金を稼いでるなんて
周りにもいい辛いですし。

そんなの気にしない、という方はいいと思いますが、
将来性も微妙なため、この教材に時間をかけてお金を稼ごうとするくらいなら、
もっと全うなネットビジネスをした方がよほどいいと思います。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

柏山