柏山です。

今回は、1StBizという教材についてレビューしていこうと思います。

中々面白い視点で作られて教材ですが、
正直再現性は高くないと思います。

購入を検討されている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

販売者名: 岩崎慎太郎

住所:埼玉県行田市渡柳1761-1

販売URL:http://coolopening-lab.com/lp/entryit-1stbiz/

販売価格:4980円 (税込)

 

 

そもそもどうやって稼ぐの?

セールスレターの冒頭では、ずーっと問題点が並べられて、
中々中身が見えないものですが、

要は、「電子書籍を発行して、電子書籍からリストを獲得しよう」

 

という、メルマガアフィリエイトに苦戦している人を対象とした、
教材です。

 

つまり、無料レポートの有料版といったところでしょうか。

これまでは、自分の得た知識を「無料レポート」にまとめ、
そこでダウンロードしてもらった人のメールアドレスを獲得するというものでしたが、

今回は、自分の知識を電子書籍として販売していくものですね。

販売者の主張は、お金を払う人は、その質が高く、
濃い読者を集めることができる、とのことでした。

電子書籍が売れればお金が入りますし、リストも獲得できるので、
一石二鳥といったところですね。

 

 

正直電子書籍は甘くない

セールスレターでは、電子書籍からリストを獲得しましょう、
と書いていますが、正直そんなに電子書籍をダウンロードしてもるあのは、
簡単でないと思います。

 

そもそも日本は海外に比べて、電子書籍はさほど普及していません。
(そのよし悪しは一概には言えませんが・・・)

 

なので、市場としては、非常に小さい傾向にあり、

1000部売れれば良い方とさえいわれています。

仮にこの教材を実践して、運よく1000部もダウンロードされれば、
その数に伴い、リストを集めることもできるかもしれません。

ただ、無名の個人が、いきなり電子書籍を出版して、
1000部も売れるなんてまずありえません。

択一なライティング能力、面白いストーリーテリング。
そうした「物書きさん」的な能力があれば別ですが、
そうした人は早々いないと思うんです。

 

現状メルマガアフィリエイトで結果を出せてないというとは、
何らかの問題があるわけですよね。

 

で、たぶんメルマガアフィリエイトで結果を出せていない人って、

 

・記事コンテツの質が低い

・集客できるほどの記事数が足りてない

 

※記事の質が低い記事数が足りない人に読んで貰いたい記事
→「記事の文章量とグーグルの評価

 

 

この2つができていないと思うんです。

質の高い記事を書くことができない、集客できるほど大量の記事をアップできない。

そんな人が突然、電子書籍を発行できるでしょうか。

消費者の人は、「お金」を払います。

無料レポートと比べ、その期待値は非常に高いわけです。

そこで、生半可なものを出版してしまうと・・・

後はご想像の通り評判を落とします。

本当に電子書籍でリストが集められるのか?

無料レポートで集めたリストってほとんど反応してくれません(笑)

悲しいほどにメルマガを読んでくれません。
発行側は頑張って自分の知識を詰め込んだのに、
メルマガは解除か放置、最悪迷惑メールいき・・・

それは読者さんの質云々以前に、

彼等が欲しているのは、他でもなく「無料レポート」そのもなんです。

だから捨てアドを用意して、著者のメルマガはブロック。
これが普通です。

 

さて、では電子書籍ではどうでしょうか。

この教材では、電子書籍の中からリンクを飛ばし、
メルマガ登録をしてもらうのが算段です。

でも本質的には、無料レポートと同じだと思います。

お金を払って電子書籍を購入する人は、
その「書籍」の知識が欲しいだけなんです。

そこからメルマガに登録するなんて微塵も考えていません。

うまく誘導できれば、濃いリストを集めることが出来ます。

でもそうした導線が貼られている電子書籍って、
一気に期待値を下げませんか?

なんだ、結局メルマガの宣伝かと。

電子書籍内で、メルマガへ誘導するほど、
電子書籍の価値は下がります。

結局は宣伝用で、知識は出し惜しみしているのかとさえ、
感じる読者がいてもおかしくありません。

それを回避するには、メルマガと同等の価値ある情報を、
電子書籍できっちり示した上で、メルマガへ誘導しなくてはなりませんね。

電子書籍なんて発行している暇があったら

どうもこの教材は、電子書籍を一定数量産していくようですね。

正直そんなのメルマガアフィリエイト初心者、上手くいっていなメルマガアフィリエイターには、
結構ハードル高いと思うんですよね(笑)

無料レポートですら、数万字って書かなければいないし、
その質も上がってきているのに、

人に購入されるような、高品質なクオリティの書籍を量産なんて、
正直労力がかかりすぎます。

 

そういった知識やクオリティの高い書籍を量産するくらいなら、
小分けにして、ブログ記事にしていった方が何倍もコスパがいいと思います。

電子書籍は売れなければ誰にも見られない。
たまに売れて、小金になる程度です。

一方ブログにアップしておけば、その記事の質の高さに感銘を受け、
メルマガに登録してくれる読者さんがいてもおかしくありません。

そうした質の高い記事をブログにアップしていくというのは、
将来的にも資産になります。

ブログを巡回するユーザーの満足を上げ、滞在時間を伸ばし、
ひいては、検索結果で上位表示を果たすことだって可能なんです。

確かに稼げない時期は辛いです。

 

販売者は6ヶ月程、300記事書く必要はあるという根拠の無い主張はしていますが、
それだけ大変なのは確かです。

 

しかし、ブログを少し運営して、さらっと記事を書いた程度で、
月数十万、数百万を貰える世界があったらその辺起業家ばかりです。

 

そして、それが不可能だからといって、
電子書籍発行とか、目先の利益にとらわれていては、
本当にブログから安定的に稼いでいくことは無理だと思います。

 

二兎を追う者、一兎を得ず

 

という言葉に体現されるように、電子書籍で稼ごう、と考えていると、
ブログの更新が疎かになりブログ集客が実現できない可能性さえあります。

あなたがメルマガアフィリエイトで結果を出せていないなら、
今目の前のブログ集客に全力で取り組むべきです。

 

販売者とあなたの境遇を当てはめては行けない

これはあまりレビューとは関係ないのですが、
販売者は、自分の失敗談を公開しています。

そりゃ集客できなと感じましたので、ここで私なりの所感と、
反目標設定主義のお話を。

 

私も個人でビジネスをしている他の方たちと同様、
まず「ブログ」を始めました。

どんなことを書けばイイのか・・・? どれくらいの文量が必要なのか・・・?
どれくらいの記事数が必要なのか・・・?

集客しやすいブログはどんなブログなのか・・・?
個人でできるSEO対策はどんなものがあるのか・・・?

そして、、、本当にブログから集客できるのか?

これらの疑問や不安を解消するために
ネットや書籍からの情報収集に多くの時間を割きました。
さらに、ブログ集客のセミナーに参加したり、有料講座を受講したりもしました。

ですが、これらの疑問や不安を解消することはできませんでした。
ネットや書籍から得られる情報には私が求めている答えはなかったのです。
目安としていた6か月間という時間が過ぎてもうまくいくことはありませんでした。

要するに、ブログ集客に失敗し挫折したわけです。

引用元:http://coolopening-lab.com/lp/entryit-1stbiz/

 

この文章を読んで、共感した人は危険です。

まず、不安や悩みが出てきたらから情報収集に時間をこやしたとありますが、
そんなことする暇があったら、1本でも多く記事を書いた方がいいです。

検証もしないうちから、あーだこーだと悩んでも時間ばかり経過し、
挫折するわけです。

 

そして、6ヶ月という目標を設定していたこと。

6ヶ月で目標を達成するということは、6ヶ月で稼ぐということを意味すると思いますが、
それはつまり、「お金が欲しい」という気持ちが全面に現れています。

そんなお金が欲しいという気持ちで作られたブログに対して、
誰が価値を感じるでしょうか。

少なくとも私は、稼がせてくれる気のあるブログから商品を購入したいものです。

私の師匠は反目標設定主義を掲げていますが、
それは上記のような理由からです。

詳しく知りたい方「反目標設定主義」まで。

 

 

総評

とにかく、大量の文章を書く人が好き、ブログやメルマガじゃ足りない、
という知識の源泉のような人は別として、

電子書籍を発行するくらいなら、その時間、労力、知識を、
ブログ、メルマガの質向上に充てていくことが最短で、
メルマガアフィリエイトで結果を出していくことだと思います。

メルマガアフィリエイトで稼げない期間は、小手先のテクニックに走りがちですが、
どうか長期的な目線にたって、愚直に行動していくこがベストかと思います。

以上参考にして頂ければと思います。

 

柏山