どうも柏山です。

実は、この記事の1つ前をもって記事数が200を突破していました。

意識したわけではないのですが、各記事平均して、2000文字以上ありますから、
現時点で、40万字のコンテンツをお届けする、という結果となりました。

(自分の好きな分野なため卒論の2万字より苦痛ではありませんでした笑)

ただこのブログの本格始動は2016年の4月。

つまりこの記事を書いている時点で、
10ヶ月もかかっているわけですから、パワーブログを目指す、
ブロガーさんに比べれば”かなり”マイペースな更新となりました。

で、200記事を突破して思ったのですが、
さほどSEOに好影響を及ぼしていないなと。

100記事突破の時もそうなんですが、
急にアクセスが増えたとかそんなのなくて、アクセスの推移は、
順調に増えているのみです。

まあ、そっちの方が精神的にも楽ですが(笑)

ただブログ開設当初に比べれば、検索結果1ページ目に表示されることは多くなりましたし、
私なんかが追いつかないと思っていた先発組のアフィリエイターさんを
時として追い抜く結果となりました。

では200記事を、ひたすら誰でも書けば、
上位表示ができるのかと言えばそう断言はできません。

Googleは「価値ある記事」を上位表示させようとしますから、
内容が無い記事ばかり書き溜めていては、ブログの価値は上がりません。

一応私も1記事1記事、質とそれに伴う量を書き溜めてきたわけですから、
一定の価値提供ができた結果、今の検索順位に反映されているのかと。

ちまたには、「ひとまず記事をたくさん書け」という教えもありますが、
やみくもにコンテンツを量産するのはあまり得策じゃないのかなと思います。

事実私は、たった200記事でもブログを収益化できているわけですから、
1日10本も記事更新をしている人の気がしれません。

やはり重要なのは、「記事のクオリティー」ですから、
そこを蔑ろにして記事ばかり増やしていても、意味がないかと。

もちろん量も必要です。

インデックス(検索エンジンに登録されること)された記事数が、
多ければ多いほど、必然的に文字数も増えますので、
検索エンジンに引っかかる可能性があります。

ただその記事の質が低ければ、検索結果の順位から下げられるわけですから、
やはりブログ運営に大切なのは、

「質と量」

となるわけですね。

もちろん質というのは、非常に曖昧で「読み手の受け取り方」によって変わってきますが、
自分が発信できるベストな情報を発信していくと良いかもしれません。

まあ多くの人が1週間とかでブログを挫折しているにも関わらず、
ここまでこれた自分を褒めたいと思います(笑)

次は300記事、400記事、ひいては1000記事を目指して、
コツコツと頑張っていこうと思います。

読んで下さる読者様に「気づき」を与えられるブログになれたら良いのかなと思います。

 

大量のアクセスより質重視

ちょっとこれは少し話がそれるのですが、
私は200記事程度でブログを収益化できています。

一方、ひたすら記事を更新するタイプの稼ぎ方というのは、
トラフィックビジネスと呼ばれ、アクセスが無ければ稼げなくなってしまうスタイルです。

これってのは、ひたすらネタを探し続けて、
記事を更新できなくなれば、稼げなくなります。

一方私が行っているのは、「リストビジネス」と呼ばれる方法で、
集めた読者さんを「顧客」に変えていきます。

顧客にするメリットは、高単価な商品も売れ、かつリピーター様になってくれるということ。

だからトラフィックをひたすら集める必要がないんですよね。

もしリストビジネスに興味があるようでしたら下記の記事を参考までに。

 

リストビジネスとは?一般個人がゼロからスタートさせる方法

 

まとめ

もし今あなたが、ブログで記事数があるのに、さほどアクセスが伸びていないのであれば、
今後は記事の質を意識しながら更新してみて下さい。

また過去記事の見直しや、アクセスを集めていない記事は思い切って削除してしまっても
いいかもしれません。

SEOに正解はありませんが、「質の低いコンテンツ」がブログにあっては、
ブログ自体の価値を下げかねませんからね。

以上、ブログ記事を書き溜めてパワーブログを作成しようと考えている方など、
参考になればと思います。

 

柏山